このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029237
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2002-111
事例作成日
(Creation date)
2002/11/27登録日時
(Registration date)
2006年06月29日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年03月11日 14時27分
質問
(Question)
「人間の知識で言語化されていないもの」について書かれた資料を探している。心理学の本かもしれない。
回答
(Answer)
「言語化されない知識」は〈暗黙知〉と呼ばれる。〈暗黙知〉に関する資料を複数提供する。
回答プロセス
(Answering process)
《Google》で〈知識 & 言語化〉を検索すると、「言語化されない知識のことを…暗黙知と呼んでいる。」との記述あり。
『心理学辞典』等で〈暗黙知〉を確認すると質問に合致するため、〈暗黙知〉をキーワードに自館目録等から『創発の暗黙知』などの資料を提供する。
また、暗黙知理論は哲学者マイケル・ポラニーが提唱したものなので、ポラニーの著作から『知と存在』も提供する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
認識論  (115 9版)
参考資料
(Reference materials)
『意味と生命 暗黙知理論から生命の量子論へ』(栗本慎一郎 青土社 1988)
『暗黙知の次元 言語から非言語へ』(マイケル・ポラニー 紀伊国屋書店 1980)
『暗黙知の解剖 認知と社会のインターフェイス』(福島真人 金子書房 2001)
『創発の暗黙知 マイケル・ポランニーその哲学と科学』(大塚明郎 青玄社 1987)
『知と存在 言語的世界を超えて』(M.ポラニー 晃洋書房 1985)
キーワード
(Keywords)
認識論
暗黙知
Polanyi Michael(ポラニー マイケル)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000029237解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!