このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014071
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D1995F7943
事例作成日
(Creation date)
19951226登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2005年11月09日 11時09分
質問
(Question)
フランスの生理学者 シャルル・ロベール・リシェ(Richet,Cherles Robert 1850-1935)が言った「ホモ・スツルツス」(おろかなる人の意か)の定義を知るための資料。
回答
(Answer)
「ホモ・スツルツス」の用語はラテン語・フランス語・英語のいずれの辞書類にも収載がありませんので、成語として慣用的に使われているものではないようです。

ご照会の記述中にありました『人間論』(シャルル・リシェ著 石川湧訳 万里閣 昭和21 <当館請求記号 114-R35ウ>の訳者あとがきによりますと、「本書はシャルル・リシェの著書『人間-愚かなるもの』と『知性と人間』とから、特に興味のあると思われる章だけを選んで訳した」とあります。したがって同書は、Charles Robert Richetの二つの著作-“L’Homme stupide”(Paris E.Flammarion,1919)および“L’Intelligence et l’homme” (Paris,1927)-の抜粋の翻訳に該当すると思われます。前者のまえがきには、「ホモ・スツルツス」という言葉が見えます。この用語の定義を知るための資料とのことですので、原著または前出訳書(『人間論』。収録頁 p.1-81)をご覧頂くのがよいと思いますが、原書は当館未所蔵です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『世界伝記大事典 世界編12』(ほるぷ)にリシェについて1ページ強の記述があるが生理学関係の業績のみ。他の人名辞典も同じ。リシェの著作として『人間論』があるが未参照。
NDC
人間学  (114 9版)
参考資料
(Reference materials)
人間論 シャルル・リシェ著 石川湧訳 万里閣 昭和21 <114-R35ウ>
キーワード
(Keywords)
ホモ・スツルツス
Richet,Cherles Robert (リシェ,シャルル ロベール)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014071解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ