このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041452
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-082
事例作成日
(Creation date)
2007/09/23登録日時
(Registration date)
2008年01月31日 02時12分更新日時
(Last update)
2008年02月15日 16時35分
質問
(Question)
易者は何を根拠として占いを行っているのか。
回答
(Answer)
『易学大事典』から「易は「易経」ともいい、東洋哲学の蘊奥(うんのう)を啓く経典として、たいへん尊ばれてきた儒教の教書の一つ」とあります。また、「易はもともとト筮の書で・・・心の疑念が決し難いときに、神明のお告げをはかる手段として用いられ、それが周の時代に至って大いに発達し、完成をみたのが現在の「易経」。」とある。
『易の魅力と智恵』(井田成明 明治書院)には「易は哲学・思想の書であるとともに、六十四卦や (コウ)を用いて現実の問題をいう義理(哲学)と占筮(占い)の二つの面をもつ特色がある。」とあり。
「占いとまじない」(「別冊太陽」No.73 平凡社 1991:移動図書館車資料)p63-「易占い」 「「易」は中国で占術として発祥したけれども、その後文化・思想の流れの中で際立ってくるのは、むしろその学術的な側面である。「易」は占いである前にテキストの名称であり、しかもそれ-『易経』は儒教の必修文献の筆頭に位置づけられる由緒正しい典籍であった。」とあり。
『占いの謎 いまも流行るそのわけ』p17「道具を使った占い」では「中国の古い占いで、日本でもかつては占いの中心であった易は、50本の筮竹(ぜいちく)と6個の算木(さんぎ)を使う」と記述あり。
これらの資料を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
『広辞苑』で「易者」「易」の定義を確認し、該当分類の資料を探索し回答の資料を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
相法.易占  (148 9版)
哲学  (100 9版)
東洋思想  (120 9版)
参考資料
(Reference materials)
『易学大事典』(東京堂出版)
『易の魅力と智恵』(井田成明 明治書院 2004)
『占いの謎 いまも流行るそのわけ』(板橋作美 文藝春秋 2004)
「占いとまじない」(「別冊太陽」No.73 平凡社 1991:移動図書館車資料)
キーワード
(Keywords)
易経
儒教
東洋哲学
東洋思想 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000041452解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!