このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133788
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
15221
事例作成日
(Creation date)
2013年07月17日登録日時
(Registration date)
2013年07月17日 12時53分更新日時
(Last update)
2017年10月02日 16時27分
質問
(Question)
お遍路さんが被る菅笠には「迷故三界城 悟故十方空 本來無東西 何處有南北」と書かれている。その意味や出典などについて知りたい。
回答
(Answer)
次の所蔵あり。

・へんろ功徳記と巡拝習俗  浅井證善/著  朱鷺書房  2004.1(K1885/ A12/ )

  ※p.224-234

     「(二)菅笠(すげがさ)(網代笠(あじろがさ))」あり。次のような内容あり。
       ・「a.迷悟三界城以下の四句について」
       ・「b.笠の四句の書様」
       ・「c.西国巡礼における四句の書様」

・遍路と巡礼の民俗 佐藤久光/著 人文書院 2006.6 (K1885/ S85/ 2)

※p.47-50「二菅笠と金剛杖」に次の記述あり。

「・・・菅笠と金剛杖の法具に関しては清水谷孝尚師の『巡礼と御詠歌』や、浅井證善師の『へんろ功徳記と巡拝習俗」の論考に詳しく述べられている。それによると、菅笠の四句の偈 ( げ ) は禅宗の『諸回向清規』や『小叢林清規』、真言宗の『真言引導要集便蒙』にある一節である。それは在家の葬式の時、僧侶が棺天蓋の蓋や骨壺に書いたものである。その偈を笠に書くことによって、巡礼、遍路の途中で死んだ場合、笠を身体にかぶせ棺桶の代わりとするようになったものである。元禄3年(1690)の西国巡礼の案内書『西国三十三所道志流遍』(上)には、笈摺、納札の書き方と併せて菅笠への書法も載せられている。・・・」

・幸福論  須藤元気/著  ネコ・パブリッシング  2005.10(K1885 S96)

  ※p.3に、本文 、読み下し、現代語訳、簡単な説明あり。
回答プロセス
(Answering process)
・遍路と巡礼の民俗 佐藤久光/著 人文書院 2006.6 (K1885/ S85/ 2)
※p.47-50「二菅笠と金剛杖」
に次の(1)(2)が紹介されていた。
 (1)へんろ功徳記と巡拝習俗  浅井證善/著  朱鷺書房  2004.1(K1885/ A12/ )
 (2)巡礼と御詠歌 観音信仰へのひとつの道標 清水谷孝尚/著 朱鷺書房 1992.10(1869/ S4/ 2)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏会  (186)
参考資料
(Reference materials)
「何処にか南北あり」という文言の出典を知りたい。いつどこで聞いた言葉かは忘れたが、仏教関係だと思う。『広辞苑』『成語林』には出ていない。(東京都立中央図書館).
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000006-I000121913-00
浅井證善 著. へんろ功徳記と巡拝習俗. 朱鷺書房, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004335679-00

(目次)
第1章 『四国〓礼功徳記』真念著-口語訳(大師に布を施した女の話
へんろの功徳により口がきけるようになった話 ほか)
第2章 真念、寂本、中宜の履歴(真念
寂本 ほか)
第3章 真念の業績およびその関連について(遍礼屋、善根宿の開設普及
標石の設置 ほか)
第4章 石碑(霊石)探訪(柳の水の標石
山中の御宝号碑 ほか)
第5章 四国遍路の法具類について(金剛杖
菅笠(網代笠) ほか), ISBN 4886021891
佐藤久光 著. 遍路と巡礼の民俗. 人文書院, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008232314-00

[目次]
第1章 研究の視点と各霊場の成立(研究の視点
各霊場の成立とその後の変遷)
第2章 西国巡礼と四国遍路の習俗(巡礼と遍路に共通な習俗
四国遍路の独自な習俗)
第3章 出版物と巡礼・遍路の動向(西国巡礼の出版物と巡礼者の動向
遍路の出版物と遍路の動向)
第4章 道中日記にみる巡礼と遍路の習俗(道中日記にみる西国巡礼の習俗
道中日記にみる四国遍路の習俗)
終章 まとめと遍路の世俗化, ISBN 4409540726
清水谷孝尚 著. 巡礼と御詠歌 : 観音信仰へのひとつの道標. 朱鷺書房, 1992.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002212146-00 , ISBN 4886021530
SAT大正新脩大藏經テキストデータベース
   http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/index.html  (※「迷故三界城」で検索。「小叢林清規 (No. 2579 無著道忠撰 ) in Vol. 81」等がヒット)
キーワード
(Keywords)
巡礼(仏教)
空海(四国霊場・巡礼)
偈 ( げ )
巡礼 (仏教) -- 日本 -- 歴史
観音巡り
観音信仰
偈文
大正新脩大藏經
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
東京都立中央図書館
備考
(Notes)
定番事例。
四国遍路の民俗学的な事項についての質問。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000133788解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!