このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210580
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-106
事例作成日
(Creation date)
2016年11月29日登録日時
(Registration date)
2017年02月25日 12時35分更新日時
(Last update)
2017年06月20日 17時41分
質問
(Question)
熊谷市の商業(小売・卸売含む)の付加価値、労働生産性、従業員数(雇用力)などが分かる資料を探している。RESAS以外で有用なデータベースやウェブサイト、統計情報があれば教えてほしい。
回答
(Answer)
熊谷市の卸売・小売業について調査した結果、付加価値額は「埼玉の市町村民経済計算」、従業者数は「商業統計」等から情報を得ることが可能だが、労働生産性の算出要素(付加価値額÷従業者数)が卸売・小売業については同じ統計から得ることができず、卸売・小売業の労働生産性については、公的な統計を見つけることができなかった。

1 熊谷市の卸売・小売業の付加価値額について
(1) 《彩の国統計情報館》( https://www.pref.saitama.lg.jp/theme/tokei/  埼玉県)
《埼玉の市町村民経済計算》( https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/shichosonmin.html  埼玉県)
 「統計表3」-「(1)経済活動別市町村内総生産(エクセル:449KB)」
 
2 熊谷市の卸売・小売業の従業者数について
(1) 《商業統計》( http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syougyo/result-2.html  経済産業省)
「平成26年商業統計確報」( http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syougyo/result-2/h26/index-kakuho.html
 -「平成26年商業統計表 第3巻 産業編(市区町村表)」( http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syougyo/result-2/h26/xlsx/kaku3.xlsx
  
3 参考情報
 「労働生産性」ではなく、「年間商品販売額」と「従業者数」が掲載されている統計について参考に紹介した。
(1) 《経済センサス》( http://www.stat.go.jp/data/e-census/guide/about/purpose.htm  総務省統計局)
 ア 《経済センサス(基礎調査)》( http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001072573
  「平成26年経済センサス‐基礎調査」> 参考表 > 「参考表3 産業(大分類)、経営組織(2区分)別事業所数及び従業者数-全国、都道府県、市区町村」( http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000031349996
  「平成26年経済センサス‐基礎調査」 > 参考表 > 「参考表2 産業(大分類)別民営事業所の売上(収入)金額試算値-全国、都道府県、市区町村」( http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000031373500 )    
 イ 《経済センサス(活動調査)》( http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000001056219
  「平成24年経済センサス-活動調査」 > 「事業所に関する集計」 > 「産業別集計」 > 「卸売業,小売業に関する集計」( http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001051403&cycode=0
  -「産業編(市区町村表)」( http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000023606709

(2) 《彩の国統計情報館》( https://www.pref.saitama.lg.jp/theme/tokei/  埼玉県)
「平成26年商業統計調査結果」( https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a098/905_20150731.html
 -「報告書PDF版」( https://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a098/documents/h26skhoukoku.pdf
   p25「表15地域別事業所数・従業者数」 熊谷市の従業者数合計(卸売・小売業)
   p26「表-16 地域別年間商品販売額/売場面積」 熊谷市の年間商品販売額(卸売・小売業)
  
ウェブサイト・データベースの最終アクセスは2016年11月29日。
回答プロセス
(Answering process)
1 キーワード「付加価値」、「労働生産性」の用語の定義について確認する
『中堅・中小企業の生産性向上戦略』(関西生産性本部編 金井一頼共著 清文社 2016)
 p25「生産性指標の基本」の項に労働生産性についての記述あり。
 p24「「付加価値額」の測定方法」の項に、付加価値額の5種類の算出方法についての記述あり。
『中小企業の財務指標 平成17年1月~12月決算期』(中小企業庁編 中小企業庁 2007)
 p51付加価値額についての記述あり。
『中小企業実態基本調査報告書 平成26年』(中小企業庁事業環境部企画課調査室編 中小企業庁事業環境部企画課調査室 2015)
 p116-117「売上高及び営業費用-(2)産業中分類別表 -1)法人企業」の中に「卸売業」と「小売業」の数値あり。
『有斐閣経済辞典』(金森久雄編 荒憲治郎編 有斐閣 2013)
 p1323-1324「労働生産性」についての記述あり。
 p1085「付加価値」についての記述はあるが、具体的な算出方法については記述なし。
『経済用語辞典』(小峰隆夫編 東洋経済新報社 2007)
 p360「労働生産性」についての記述あり。

2 統計情報を調査する
(1) 国の統計サイトを確認する(回答掲載)
(2) 埼玉県の統計サイトを確認する(回答掲載)
(3) 熊谷市の統計サイトを確認する
 《平成26年度版熊谷市統計書》( https://www.city.kumagaya.lg.jp/about/chousa_toukei/tokei/H26tokeisho.html  熊谷市)
 「4 商業」>「1 商業の推移(卸・小売業)」「平成19年6月 従業者数 17,798人」「年間商品販売額 78,380,716万円」
(4) 熊谷市ウェブサイトを確認する
 《熊谷市人口ビジョン総合戦略》( https://www.city.kumagaya.lg.jp/about/soshiki/sogo/kikaku/sougousenryaku.html  熊谷市)
  「熊谷市人口ビジョン・総合戦略 平成28年3月」( https://www.city.kumagaya.lg.jp/about/soshiki/sogo/kikaku/sougousenryaku.files/sogosenryaku.pdf
p14 産業別就業者数の推移あり。出典:国勢調査
   p16 卸売業・小売業就業者数 16,733人 ※平成 22 年国勢調査より算出
   p18 小売業、卸売業、それぞれの事業所数・従業者数・年間商品販売額の推移(表、グラフ)あり。
       平成14、16、19、26年 出典:商業統計調査
(5) RESASを確認する
《RESAS》( https://resas.go.jp/#/13/13101
 「地域循環マップ」 > 生産分析 
  表示レベル:市区町村単位、表示する内容:付加価値額、表示産業:第3次産業(卸売・小売業)を選択する。
  「付加価値額(総額-産業別)2010年」

3 上記2(5)「RESAS」の確認で判明した卸売・小売業の付加価値額の出典について調査する

ウェブサイト・データベースの最終アクセスは2016年11月29日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
逐次刊行物  (605 9版)
貴重書.郷土資料.その他特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
熊谷市-商業-統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000210580解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!