このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000188740
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-262
事例作成日
(Creation date)
2015年12月06日登録日時
(Registration date)
2016年03月01日 16時27分更新日時
(Last update)
2016年03月22日 14時43分
質問
(Question)
岩手県の一戸町に浪打峠(なみうちとうげ)という景勝地がある。古今集等和歌に詠まれた「末の松山」はここであると言われている。一戸町の「末の松山」について記載のある近世、江戸時代の史料、または活字化された資料を知りたい。
回答
(Answer)
歌枕になっている「末の松山」については、問い合わせのあった一戸町のほか、宮城県多賀城など諸説ある。

江戸期の一戸町「末の松山」および「浪打峠」について記載のある資料を下記の通り紹介した。

【図書資料】
『近世紀行文集成 第1巻』
⇒収録内容:「蝦夷の嶋踏」「蝦夷蓋開日記」「未曾有後記」「蝦夷行程記」
『宮城県史 15』
⇒p95~97「末ノ松山の松」
『読み下し文北奥路程記』
⇒p46~48
『岩手史叢 第2巻 内史畧2』
⇒p130~131「末の松山」
『南部叢書 第1冊』
⇒p178~180「末の松山」(「奥々風土記」内)
『南部叢書 第5冊』
⇒p277~278「邦内郷村志」内
『南部叢書 第6冊』
⇒p25~26「真澄遊覧記:けふのせはのゝ」内

【和本史料】
『北行日記』高山 彦九郎∥著 底本:寛政2年
『名処順道記』清水 秋全∥〔編〕宝暦1(1751)年
『奥筋行程記』(従盛岡田名部迄行程記)
『坐遊記零本』白華∥撰 寛政10(1798)年
回答プロセス
(Answering process)
・地名辞典で、浪打峠を調べる。

・奥州の紀行文資料を調査。

・当館和本を調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
明治時代の資料は持っているので不要。
NDC
叢書.全集.選集  (080 9版)
東北地方  (212 9版)
日記.書簡.紀行  (915 9版)
参考資料
(Reference materials)
『近世紀行文集成 第1巻』板坂 耀子∥編 葦書房∥出版 2002年, ISBN 4751208403 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003665265-00 )
『宮城県史 15』宮城県∥著 宮城県史編纂委員会∥編纂 宮城県史刊行会∥出版 1956年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036167575-00 )
『読み下し文北奥路程記』岩手県文化財愛護協会∥編・出版 2002年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036173341-00 )
『岩手史叢 第2巻』 岩手県立図書館∥編 岩手県文化財愛護協会∥出版 1973年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001229763-00 )
『南部叢書 第1冊』 南部叢書刊行会∥編・出版 1927年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I003849345-00 )
『南部叢書 第5冊』南部叢書刊行会∥編・出版 1929年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I003849349-00 )
『南部叢書 第6冊』 南部叢書刊行会∥編・出版 1927年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I003849350-00 )
キーワード
(Keywords)
末の松山
歌枕
浪打峠
名勝地/景勝地
観光地
一戸町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000188740解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!