このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000103202
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H23-0059
事例作成日
(Creation date)
2011年11月16日登録日時
(Registration date)
2012年03月07日 19時20分更新日時
(Last update)
2012年08月03日 17時33分
質問
(Question)
赤羽末吉の絵本『鬼のうで』の原作が読みたい。
回答
(Answer)
『日本古典文学全集 36 御伽草子集』の「酒呑童子」、
『新編日本古典文学全集 57 太平記 4 巻第31~巻第40』の「鬼丸鬼切りの事」、
『新潮日本古典集成 第47回 平家物語 下』 の「渡辺の源四郎綱鬼切る事」、
を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
利用者からの事前情報を確認する。
『子どもと本 第100号』 子ども文庫の会/著 子ども文庫の会 2005 【s24152639 909】 を見ると、
  p7に「この話は、「羅生門」という題で読んでいた」
  「広辞苑で調べてみると、この話は「今昔物語集」という、日本最古の説話集の一篇」と記載あり。

『広辞苑 第6版』 新村出/編 岩波書店 2008 【s25265364 R813.1】 のp2926の「羅生門」の項目には
  「③能の一曲。(中略)渡辺綱が羅生門にすむ鬼神と闘って、その腕を斬り落とす」
  「④短編小説。芥川竜之介作。(中略)今昔物語から材をとり」と記載あり。
  「今昔物語」を基にしたのは芥川龍之介の「羅生門」で、『鬼のうで』の基となっているのは、能の「羅生門」である。

自館OPACでキーワード“オニノウデ”で検索する。
『鬼のうで』 赤羽末吉/著 偕成社 1977 【s03687720 E】
  登場人物は、酒呑童子、源頼光、渡辺綱で、羅生門も登場する。
  見返し部分に
  「切られた腕を取りかえしにくる鬼の話は、「御伽草子」「太平記」などの古典にあり、
   歌舞伎などでも演じられて、つとに有名です。」
  と記載あり。

自館OPACでキーワード“オトギゾウシ”で検索する。
『日本古典文学全集 36 御伽草子集』 大島建彦/校注 小学館 1977 【s07183759 918】
  p444-474に「酒呑童子」の記載あり。原文と現代語訳あり。

自館OPACでキーワード“タイヘイキ”で検索する。
『新編日本古典文学全集 57 太平記 4 巻第31~巻第40』 長谷川端/校注 小学館 1998 【s21972633 918】
  p57-63に「鬼丸鬼切りの事」の記載あり。原文と現代語訳あり。

次に、「羅生門」を調べる
自館OPACでキーワード“ラショウモン”で検索する。
『らしょうもんのおに』 馬場のぼる/著 こぐま社 1994 【s11853710 E】
  作者のことばに「渡辺綱と羅生門の鬼の伝説が元になっている」とあり。
『羅生門の鬼』 島津久基/著 平凡社 1995 【s00003079 080】 
  p3-6に羅生門の伝説について諸説記載あり。
  p5に「先ず羅生門伝説に関する代表的文献として、謡曲「羅生門」を挙げなければならない」とあり。
『解註 謡曲全集 巻5』 野上豊一郎/編 中央公論社 2001 【s20319901 R768】
  羅生門の記載あり。

インターネットGoogleでキーワード“羅生門 鬼”で検索する。
「渡辺綱が羅生門で鬼を退治する物語があったと思うのだが、正式な書名等を知りたい。」という
栃木県立図書館レファレンス事例がヒットする。
   http://www.lib.pref.tochigi.jp/reference_ex/allr/r063.htm  (最終確認2012年3月20日)
  参考資料としてあげられていた以下の資料を自館OPACで検索する。
『新潮日本古典集成 第47回 平家物語 下』 水原一/校注 新潮社 1998 【s08787814 918】
  p274-27947に「渡辺の源四郎綱鬼切る事」の記載あり。

注:【 】内は自館の資料コードと請求番号
事前調査事項
(Preliminary research)
利用者から、今昔物語に入っている、羅生門の鬼退治の話だと何かで読んだ。
『子どもと本』第100号 子ども文庫の会/著 に『今昔物語』に記載があるとの情報を得る。
NDC
作品集  (918)
叢書.全集.選集  (080)
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
『日本古典文学全集 36 御伽草子集』 大島建彦/校注 小学館 1977
『新編日本古典文学全集 57 太平記 4 巻第31~巻第40』 長谷川端/校注 小学館 1998 
『新潮日本古典集成 第47回 平家物語 下』 水原一/校注 新潮社 1998 
キーワード
(Keywords)
羅生門
渡辺綱
源頼光
酒呑童子
御伽草子
太平記
おにのうで
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000103202解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ