このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203183
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2016-21
事例作成日
(Creation date)
2016年09月07日登録日時
(Registration date)
2016年12月14日 13時57分更新日時
(Last update)
2016年12月19日 10時42分
質問
(Question)
下記に記載したベーコンの言葉が、日本語訳された図書『学問の進歩』(岩波文庫)のどこに収録されているかを
知りたい。該当の言葉の日本語訳を読みたいため。格言や名言の辞典を確認したが見つけられなかった。

 <ベーコンの言葉>
  Et quoniam variant morbi, variabimus artes ; Mille mali species, mille salutis erunt.

 <上記言葉が記載されていた資料>
  『THE MEDICAL AND PHYSICAL JOURNAL』v.25 FROM JANUARY TO JUNE, 1811. の
   タイトルページに記載。

 <日本語訳された図書(利用者持参資料2冊。②は利用者貸出中)>
  ①『学問の進歩』(ベーコン著 ; 服部英次郎, 多田英次訳 岩波書店 1974.1 岩波文庫 青7572-7575)
  ②『学問の進歩 ; ノヴム・オルガヌム ; ニュー・アトランチス』
    (ベーコン[著] ; 服部英次郎, 多田英次訳 ; ベーコン[著] ; 服部英次郎訳 ; ベーコン[著] ; 中橋一夫訳
   河出書房新社 1972.4)

【利用者からの補足情報】
 ・ベーコンの名前は、Francis Bacon。哲学の分野の人である。
 ・岩波文庫と河出書房新社の図書を比較すると、章立ての仕方や日本語訳も同じように見える。
  巻末の記述をみると、翻訳にあたり、どちらも同じ図書に拠っているようだ。
  また、この訳書にかかげた目次、章節の表示はこの図書に従っているらしい。
   持参資料①(岩波文庫) p.396解題より
     F. Bacon, The Advancement of Learning, ed. by William Aldis Wright. 5th ed.
     Oxford at the Clarendon Press, 1868, repr.1926.
回答
(Answer)
持参資料①(岩波文庫)での該当箇所は次の通り。
 p.194 「10・2」の章の終わりにある言葉が該当する。
  「病はさまざまにかわるから、われわれも治療の術をかえよう。
   病に千の種類があれば、治療にも千の方法があるだろう」[オウィディウス『恋の治療』五二五]。

該当の言葉はベーコンではなく、オウィディウスの言葉を引用したものでした。
次の資料の該当箇所にオウィディウスの言葉の部分の注記が掲載されています。
 『Advancement of learning ; Novum organum ; New Atlantis』
  (Francis Bacon Encyclopædia Britannica c1952 080/G81/30)
    p.51に注記の掲載あり。該当の言葉の出典は"Ovid, Remedia Amoris, 525."と記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
1.底本から該当箇所を探す
 1-1.持参資料の情報より底本の情報を確認
  持参資料①:【★1】『学問の進歩』
  【★1】資料 p.396解題より
    F. Bacon, The Advancement of Learning, ed. by William Aldis Wright. 5th ed.
    Oxford at the Clarendon Press, 1868, repr.1926.
      →原題は『Advancement of learning』とわかる。

 1-2.本学OPAC
  <キーワード:Advancement of learning>
   【★2】『Advancement of learning ; Novum organum ; New Atlantis』
     p.51(SECOND BOOK)「X.2.」の章に該当の言葉の記載あり。
      ※該当の言葉に次の注記があった。
       Ovid, Remedia Amoris, 525."Varying their arts according to the variety
       of diseases, for a thousand forms of sickness a thousand methods of cure."

    章立ての表記について
     【★2】資料:p.50右列に「X.1.」「2.」、p.51文末に「3.」の表示があった。
            該当の言葉は「X.2」の章に掲載されていることがわかる。

2.日本語訳された資料から該当箇所を探す
 [1-2]より、【★1】資料を確認
  p.194「10・2」の章の終わりにある言葉が該当する。
   「病はさまざまにかわるから、われわれも治療の術をかえよう。
    病に千の種類があれば、治療にも千の方法があるだろう」[オウィディウス『恋の治療』五二五]。  

以  上
<Web最終確認日:2016/09/07>
事前調査事項
(Preliminary research)
『世界名言・格言辞典』(モーリス・マルー編 ; 島津智訳 東京堂出版 2005.5 159/MA39-1)
『ラルース世界ことわざ名言辞典』(Maurice Maloux [編] ; 島津智訳 角川書店 1980.5 159/MA39)
『世界名言大辞典』(梶山健編著 明治書院 1997.11 159/KA23)
NDC
西洋哲学  (13 9版)
叢書.全集.選集  (08 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】ベーコン 著 , 服部英次郎, 多田英次 訳 , Bacon, Francis, 1561-1626 , 服部, 英次郎, 1905-1986 , 多田, 英次. 学問の進歩. 岩波書店, 1974. (岩波文庫)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001238176-00  (当館請求記号:イワナミブン/アオ/617-1)
【★2】『Advancement of learning ; Novum organum ; New Atlantis』(Francis Bacon Encyclopædia Britannica c1952 080/G81/30)
キーワード
(Keywords)
ベーコン
Bacon, Francis
学問の進歩
翻訳
引用
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000203183解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ