このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000248272
提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1565
事例作成日
(Creation date)
2018/01/10登録日時
(Registration date)
2018年12月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月13日 00時30分
質問
(Question)
鳥居忠一、その妻である寛子、忠一の弟の忠強の3人が死亡した交通事故の詳細が知りたい。事故現場は現在の東京・笹塚周辺である。
回答
(Answer)
以下の新聞記事を提示。
・読売新聞有料データベース「ヨミダス歴史館」より
 昭和14年1月11日朝刊「京王電車と激突 鳥居子爵夫妻惨死」
・『朝日新聞縮刷版昭和14年1月』(朝日新聞社/日本図書センター/1993.9)より
 昭和14年1月11日11面「京王電車と衝突 鳥居夫妻即死 同乗の三宅子も絶命」
回答プロセス
(Answering process)
・交通事故であれば新聞記事になっている可能性が高いと考え、
 読売新聞有料データベース「ヨミダス歴史館」にて「鳥居忠一」を検索。
 →昭和14年1月11日朝刊に「京王電車と激突 鳥居子爵夫妻惨死」と見出しの記事あり。
・自館にある他新聞縮刷版も確認する。
 →『朝日新聞縮刷版 昭和14年1月』(朝日新聞社/日本図書センター/1993.9)にも事故についての記事あり。
  記事名『京王電車と衝突 鳥居夫妻即死 同乗の三宅子も絶命』(昭和14年1月11日11面,128p)
・上記2記事を提示して終了。
※事故概要
忠一とその妻寛子、三宅忠強が事故に遭ったのは1939年(昭和14年)1月10日の午後6時半ごろ。事故時の運転者は忠一。
事故現場は京王線の幡ヶ谷、笹塚間の渋谷区幡ヶ谷原町923付近の踏切である。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071 8版)
鉄道運輸  (686 8版)
参考資料
(Reference materials)
B10032967 朝日新聞縮刷版 昭和14年1月 朝日新聞社 日本図書センター 1993.9 071 9784820522775
キーワード
(Keywords)
交通事故
踏切
鳥居忠一
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000248272解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決