このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000214600
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-17-004
事例作成日
(Creation date)
2017年03月07日登録日時
(Registration date)
2017年04月08日 16時56分更新日時
(Last update)
2017年04月13日 15時55分
質問
(Question)
昭和18年5月に長野県内で発行された新聞紙面を可能な限り確認したい。
県立長野図書館で所蔵しているものはどのようなものがあるか。
回答
(Answer)
 『長野県史 通史編3』長野県/編 長野県史刊行会 当館図書請求記号【N209/11-4/9】468から472ページ、『長野県百科事典 補訂版』信濃毎日新聞社/編・発行 1981年 【N030/2】416ページなどによると、営利を目的としない村報・時報・青年団報の多くは昭和15年にほとんど廃刊し、営業紙についても、昭和17年5月の新聞統合(昭和14年8月に続く第2次)で、県下の新聞は『信濃毎日新聞』に統合された。
 『朝日新聞』ほかの全国紙(の長野版)は、1945年4月に『信濃毎日新聞』と持ち分を統合し、完全に県内1紙になった。
 当館所蔵の18年5月発行の新聞は以下のとおり。
 ・『朝日新聞』原紙は大阪本社発行のもので、長野版のページはない。(県内では飯田市立中央図書館が東京本社発行の『朝日新聞』を原紙を所蔵しており、長野版が収録されていることを電話で確認したが、欠号や切取りがあるとのこと。)
 ・『信濃毎日新聞』は「信濃毎日新聞データベース」で閲覧可能。
 ・『毎日新聞』と『読売新聞』の長野版はマイクロフィルムを所蔵。
回答プロセス
(Answering process)
1 新聞の発行状況(統合)について『長野県史』、『長野県百科事典』で確認。当時の県内紙は『信濃毎日新聞』だけであることがわかる。
2 当館の所蔵を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
新聞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000214600解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ