このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206260
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20161020-2
事例作成日
(Creation date)
2016年10月20日登録日時
(Registration date)
2017年01月12日 18時00分更新日時
(Last update)
2017年01月12日 18時00分
質問
(Question)
新聞記事の文章では、句点がかぎ括弧の中でなく外に付いていたり、句点がないものをよく見かけるが、この表記は正しいのか。  
―― ――。」でなく ―― ――」。とか ――」
回答
(Answer)
大新聞の用語集では、括弧でくくった場合の句点は
①段落全体を構成する場合は付けない。
②段落の最後にある場合も付けない。
③主語などの語句が前にある場合は「と述べた」などの述語が省略されたと考え、括弧の外に句点を付ける。
となっており、新聞記事はこのやり方で書かれている。
(句読点については「くぎり符号の使ひ方」(1946文部省教科書局国語調査室)が現在までよりどころとされているが、新聞以外では様々。必ずしも決まったルールがあるわけではない。)
回答プロセス
(Answering process)
1日本語表記~文字~作文の書架をブラウジング
辞典の付録等には句点に関する記述がほとんどない。
『句読点、記号・符号活用辞典。』(811.7/1015075946)p72「括弧類と句点」に
文部省教科書局国語調査室の文書「くぎり符号の使ひ方」(1946)や、学校の作文教育では括弧でくくった会話文末尾の文の終止には「。」を打つものとしているが、「現在、新聞・雑誌・一般書籍では「。」が打たれることは多くない」と書かれている。
『分かりやすい公用文の書き方』(816.4/1015428350)p61「句読点」に「括弧の中も文になっているときは、「。」を打つのが公用文のルール」としている。
2新聞社の用字用語集についてみてみる。
『記者ハンドブック 新聞用字用語集』共同通信社(070.1/1015712126)p122「用語について 句読点」
『最新用字用語ブック』時事通信社(813.1/1016337246)p20「区切り符号などの使い方 句点」では
括弧でくくった文の場合は
①段落全体を構成する場合は付けない。
②段落の最後にある場合も付けない。
③主語などの語句が前にある場合は「と述べた」などの述語が省略されたと考え、括弧の外に句点を付ける。
例:彼は笑いながら「頑張ります」。


なお、レファ協に類似事例あり。新聞以外についてはこちらが参考となる。
「文章を書くときに、文末に句点(「。」)を付けないのはどのような場合かを知りたい。」
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000088455
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ジャーナリズム.新聞  (070 8版)
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
共同通信社 編著 , 共同通信社. 記者ハンドブック : 新聞用字用語集 第12版. 共同通信社, 2010.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011021084-00 , ISBN 9784764106192
時事通信社 編 , 時事通信社. 最新用字用語ブック 第7版. 時事通信出版局, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027154980-00 , ISBN 9784788714502
キーワード
(Keywords)
句点
用字用語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000206260解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ