このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000221507
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-2383
事例作成日
(Creation date)
2017年04月13日登録日時
(Registration date)
2017年09月05日 15時40分更新日時
(Last update)
2017年09月28日 20時00分
質問
(Question)
「岐阜民友新聞」について、概略のわかる資料はないか。
回答
(Answer)
小木曽旭晃「つぶれた岐阜民友」(「生活と文化」185号、1962.12、p.2-3)に、創刊から終刊に至る経緯が記されている。

この資料によると、郷土唯一の日刊紙"岐阜日日"の対抗紙として、1960年の夏に創刊。大野伴睦氏の主導により、県下の政財界の有力者が参加して株式組織を形成した。社員の大部分は岐日(岐阜日日新聞)から引き抜いたもので、特色がなく赤字がふくらみ、岐日と合併が成立し、1962年10月末で終刊した。
回答プロセス
(Answering process)
蔵書検索システムを「岐阜民友」で検索。郷土関係雑誌記事より関係資料を調査。
「岐阜民友新聞」原紙も創刊(創刊前の見本紙も含む)から終刊まで所蔵。
なお、以下の資料(岐阜県下の出版文化に関するもの)、大野伴睦氏の伝記資料も調査したが、記述がみられなかった。
・『濃飛文化史』(小木曽旭晃著、岐阜タイムス、1952)
・『岐阜県教育史』(岐阜県教育委員会)
・『岐阜県百科事典』上・下(岐阜日日新聞社、1968)
・『岐阜県史』(岐阜県)
・高橋健「岐阜県内外の出版事情試論(上)-近世・近代を中心とした概略」(「郷土研究岐阜」81号、岐阜県郷土資料研究協議会、1999)
・高橋健「岐阜県内外の出版事情試論(下)-近世・近代を中心とした概略」(「郷土研究岐阜」82号、岐阜県郷土資料研究協議会、1999)
・高橋健「県内発行の雑誌試論 -戦後六十年が一本の線につながる-」(「郷土研究岐阜」100号、岐阜県郷土資料研究協議会、2005)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000221507解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ