このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032877
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-1999-056
事例作成日
(Creation date)
1999/10/14登録日時
(Registration date)
2007年01月17日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年08月07日 15時32分
質問
(Question)
東京都赤坂区桧町に昭和10年頃、〈桑田記念館〉があったはずだが、現存しているか。桑田立斎(クワタリュウサイ 1811-1868)、桑田衡平(クワタ コウヘイ:立斎の養子 明治38.10.24没)の伝記・資料があるのではないか。
回答
(Answer)
〈桑田記念館〉という名称の施設は見あたらないが、東京都港区赤坂9丁目3番21号(旧桧町)に、〈桑田記念児童遊園〉が現存する。また、大阪大学附属図書館に〈桑田文庫〉が、東京都江東区には〈桑田立斎宅跡〉がある。以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
情報源の出典資料は当館未所蔵。
『人物記念館事典』『類縁機関名簿』『専門情報機関総覧』『ライブラリーデータ』『日本博物館総覧』では確認できず。
『或る蘭方医の生涯』のあとがきに、「立斎、衡平関係資料は〈桑田文庫〉として大阪国立医科大学にある」との記述あり。大学名に疑問の余地があるため、電話等で確認すると、大阪大学附属図書館に適塾関係資料として〈桑田文庫〉あり。
『ハローページ 港区 企業編』に〈桑田記念館〉記載なし。桧町は現防衛庁周辺、赤坂7~9丁目にあたる。
『東京都港区近代沿革図集 [1]』の昭和41年の地。
『ゼンリン住宅地図 1994 港区(北部)』で該当の番地を確認する。
『東京の公園通誌 下』(末松四郎 郷学舎 1981)に該当地の桑田記念児童遊園の記載あり。

追記:桑田立斎の著作には『日本衛生文庫 1』(三宅秀 日本図書センター 1979)所収の「愛育茶談」があり。また、関連資料には「桑田立斎先生」(二宮 陸雄 桑田立斎先生顕彰会 1998)があるが県立未所蔵(2008/08/07確認)。
《Google》で〈桑田立斎〉を検索すると、
江東区のホームページの施設案内ページから「桑田立斎宅跡」の案内が見られる。
http://www.city.koto.lg.jp/sisetsu/6835.html  2008/08/07最終確認)
北海道大学付属図書館のページに、北方資料室の「桑田立斎関係資料」の紹介があり。
http://ambitious.lib.hokudai.ac.jp/hoppodb/kyuki/doc/0A018770000000.html  2008/08/07最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:「日本洋学人名事典」中の文献「桑田立斎及衡平に就いて」を国会図書館で閲覧し、その中に〈桑田記念館〉の記述があった。桑田立斎は新発田藩出身の蘭方医。安政4年に蝦夷地でアイヌに集団種痘を行った。
NDC
文化交流機関  (063 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『東京都港区近代沿革図集 [1]』(東京都港区立三田図書館 1970)
『ゼンリン住宅地図 1994 港区(北部)』
『東京の公園通誌 下』(末松四郎 郷学舎 1981)
キーワード
(Keywords)
桑田 立斎(クワタ リュウサイ)
文化交流施設
照会先
(Institution or person inquired for advice)
大阪大学附属図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000032877解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ