このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000193792
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001015577
事例作成日
(Creation date)
2016/05/06登録日時
(Registration date)
2016年06月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年06月24日 00時30分
質問
(Question)
日本国内で、アニメーション作品を教育学の観点から個別具体的に研究(分析・解釈など)している学会はありますか。
回答
(Answer)
『学会名鑑 2007~9年版』(日本学術協力財団/編集 日本学術協力財団 2007.3)
の「教育学一般」「学校教育」の部分を確認しましたが、アニメーション作品を教育学の観点から個別具体的に研究している学会は見つかりませんでした。

以下は、お尋ねの趣旨に沿っていないかもしれませんが、参考までに記載いたします。なお、学会の情報に関しては、WEB公開されている「学会名鑑」データベースの情報を記載します。このデータベースは、分野別もしくは50音別で学会を探すことができます。
学会名鑑(2016/5/6現在)
http://gakkai.jst.go.jp/gakkai/control/toppage.jsp

「日本アニメーション学会」
目的に「アニメーションに関する研究の推進。広くアニメーション文化の向上に寄与する」と記載があります。

住所:郵便番号192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556 東京造形大学
電話:042-637-8111(内線:472) 
FAX:042-637-8743

なお、日本アニメーション学会のホームページ( http://www.jsas.net/ )(2016/3/19現在)を確認しますと、研究部会の中に「教育研究部会」というものがあります。武蔵野美術大学で研究会が行われた際の情報( http://www.musabi.ac.jp/topics/20111014_01_01/ )(2016/5/6現在)によれば、「日本アニメション学会の研究・教育委員会に、このたび「アニメーションの教育」あるいは「アニメーションと教育」に関する様々な問題を調査・研究する場として、教育研究部会を新設する」ことになったとあります。ただ、「「教育研究部会」設置の趣旨」を見ますと、アニメーション制作に関する教育かと思われます。

日本アニメーション学会には、『アニメーション研究』という機関誌があります。日本アニメーション学会ホームページで、目次情報を得ることができます。

その他の学会について、調べてみた結果は以下のとおりです。
論文を検索するCiNiiというデータベース( http://ci.nii.ac.jp/ )(2016/5/6現在)で、タイトルに「アニメ 教育」を含み、かつ刊行物名に「学会」を含むという条件で検索しますと、66件ヒットがあります。例えば、次のような論文があります。

1.藤田 由美子「テレビ・アニメ番組にあらわれた女性像・男性像の分析(II-2部会 ジェンダーと教育(1))」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』(47)(日本教育社会学会 1995.9.15)p.48-49
※当館に所蔵はありませんが、CiNiiで公開されています。
http://ci.nii.ac.jp/els/110001891064.pdf?id=ART0002068783&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1463892954&cp=
(2016/5/6現在)

2.[赤におおざと] 皓ほか「FPI理論に基づく日本アニメを活用したスキット活動と実践 (学校の教育力向上に資する実践研究/一般)」『日本教育工学会研究報告集』15(5)(日本教育工学会 2015.12.12)p.219-224
※[]内は環境依存文字のため、漢字の説明を記載しています。こちらの資料はCiNiiでは公開されておらず、当館でも所蔵がありません。

アニメ作品を扱っている学会というわけではありませんが、これらの雑誌を刊行している学会に関して、参考までに記載させていただきます。

「日本教育社会学会」
目的として「日本における教育社会学の普及と発展、教育社会学研究の質の向上、会員の相互交流の促進を目的とする。」と記載があります。

住所:郵便番号170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F (株)ガリレオ学会業務情報化センター内
電話:03-5981-9824
FAX:03-5981-9852

「日本教育工学会」
目的として「教育工学に関する学術的研究調査の情報の交換を行い、この研究調査を援助し普及すること」とあります。

住所:郵便番号141-0031 東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル8F

加えて、CiNii以外では、次のような論文がありました。

・保崎 則雄「特集連載(49) 教育変革の時代と視聴覚教育--その原点を探る アニメーションの教育利用と研究--でもしか教材開発の勧め」『視聴覚教育』45(5)<523>(日本視聴覚教育協会 1991.5)p.24~27

学会ではありませんが、日本視聴覚教育協会ホームページ( http://www.javea.or.jp/index.html )(2016/3/19現在)の情報より、日本視聴覚教育協会について記載いたします。

「日本視聴覚教育協会」
事業概要の項目として、「調査研究事業」「優れた映像教材の制作確保と制作奨励事業」「学習に対応するきめ細やかな自作視聴覚教材の奨励・普及事業」「視聴覚教育利用・普及のための出版事業」が挙げられています。

住所:郵便番号105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目10-11 虎ノ門PFビルB1
電話:03-3431-2186
FAX:03-3431-2192

[事例作成日:2016年5月6日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学術.研究機関  (061 8版)
参考資料
(Reference materials)
学会名鑑 2007~9年版 日本学術協力財団∥編集 日本学術協力財団 2007.3
http://gakkai.jst.go.jp/gakkai/control/toppage.jsp  (学会名鑑(2016/3/19現在))
http://www.jsas.net/  (日本アニメーション学会(2016/3/19現在))
http://www.musabi.ac.jp/topics/20111014_01_01/  (日本アニメーション学会教育研究部会第1回研究会(2016/3/19現在))
http://ci.nii.ac.jp/  (CiNii(2016/3/19現在))
http://ci.nii.ac.jp/els/110001891064.pdf?id=ART0002068783&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1458206215&cp=  (藤田 由美子「テレビ・アニメ番組にあらわれた女性像・男性像の分析(II-2部会 ジェンダーと教育(1))」(2016/3/19現在))
http://www.javea.or.jp/index.html  (日本視聴覚教育協会(2016/3/19現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
類縁機関案内
内容種別
(Type of subject)
人物・団体
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000193792解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ