このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210024
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20170216-1
事例作成日
(Creation date)
2017年02月16日登録日時
(Registration date)
2017年02月16日 12時18分更新日時
(Last update)
2017年12月19日 12時18分
質問
(Question)
戦前の電話帳がみたい。
回答
(Answer)
以下の資料がみつかった。

第二次大戦前の「電話帳」は、「電話番号簿」が公的な呼び名とされたが、私製版はその名称に限らず、「電話名簿」「電話交換加入者名簿」などの名称でも出版されていた。
NDLデジタルコレクションで、上記キーワード検索をおこなった。

<電話帳>
東京電話交換局横浜支局 [編]『横浜東京電話交換加入者名簿』明治27年  東京電話交換局, 1895
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/805486  (2017/06/15 確認)

『京都電話番号簿  大正11年10月改正』 京都中央電話局 1924
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/909504  (2017/06/15 確認)


『東京電話番号簿 昭和2年10月1日現在』 東京中央電話局 1928
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1024218  (2017/06/15 確認)

<職業別電話帳>
『函館職業別電話番号簿 大正11年6月1日現在』 函館信用告知社 1922
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/912608  (2017/06/15 確認)

日本商工通信社編『職業別電話名簿』 東京・横浜 日本商工通信社 (大正11) 1922
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950545  (2017/06/15 確認)

 例えば、西洋料理であれば、
 せ之部
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950545/15  (2017/06/15 確認)
 西洋料理
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950545/620  (2017/06/15 確認)


 などで調べることができる。
回答プロセス
(Answering process)
<参考資料>
田村紀雄著 『電話帳の社会史』NTT出版 , 2000.7
本館請求記号:694.65 - Ta82

p.150-202 5章 第二次大戦下の電話帳
p.150   戦前の電話帳は、公式には「電話番号簿」と呼ばれていたことが記載されている。
p.151  「★66 戦前の日本の電話帳の体裁」
      明治23(1890)年の「加入者人名表」から、昭和17年までの逓信省の公的な電話帳の体裁について書かれている。
      明治30(1897)年「電話交換局事務規程」で統一用語「電話番号簿」と確定したと記載されている。
    
p.156 町の印刷屋、広告業者などによる「私製電話帳」が出現したことが記載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
団体  (060 9版)
電気通信事業  (694 9版)
参考資料
(Reference materials)
田村紀雄 著 , 田村, 紀雄, 1934-. 電話帳の社会史. NTT出版, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002985451-00 , ISBN 4757140207
キーワード
(Keywords)
電話帳
電話名簿
電話番号簿
職業別電話帳
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000210024解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!