このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085688
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C110223203415-2
事例作成日
(Creation date)
20110316登録日時
(Registration date)
2011年04月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年04月27日 02時00分
質問
(Question)
1900年~1950年までの中国の各都市の人口を日本語の資料で知りたい。

現在の中国大陸は1912年までは清朝,1949年までは中華民国であり,その後中華人民共和国が建国。中華民国時代の統計資料でどんなものがあるのか,論文も含め国立情報学研究所のサイトから検索した所,羅歓鎮氏の論文「民国人口:研究史の整理と展望」があり,その中に省と主な都市の人口が掲載されていました。

引用資料として『中国経済年鑑』『民国17年各省市戸口調査統計報告』『中華民国統計提要』『中華民国年鑑』などがありましたが、その他の資料で何かあるかどうか調査をお願いします。
回答
(Answer)

本回答では、日本語の資料について回答します(【】内は当館請求記号です)。

(1)中國年鑑. -- [復刻版]. -- ゆまに書房, 2007. -- (中國年鑑・大陸年鑑)【Z79-B334】
民國廿年版(1931年)の「土地、人口」に「人口十萬以上の都市表」(pp.5-7)が掲載されています。「江蘇省」(14都市)、「廣東省」(15都市)、「河北省」(5都市)、「四川省」(8都市)、「浙江省」(7都市)、「福建省」(8都市)、「安徽省」(3都市)、「湖北省」(4都市)、「湖南省」(4都市)、「河南省」(4都市)、「山東省」(9都市)、「江西省」(4都市)、「甘粛省」(4都市)、「貴州省」(1都市)、「雲南省」(1都市)、「遼寧省」(7都市)、「吉林省」(3都市)、「山西省」(2都市)、「陜西省」(2都市)、「熱河省」(1都市)、「廣西省」(1都市)、「新疆省」(2都市)について、各都市の人口数、調査年が記載されています。調査年は都市ごとに異なり、調査年は1年のみです。

なお、当該資料の他の年版の記述は以下の通りです。
民國廿二年(1932-1933年)版の「土地、人口」中に「人口十萬以上の都市表」(pp.14-17)がありますが、民國廿年と同一の記載です
民國廿三年(1934年)版の「中國大觀」中に「人口十萬以上の都市表」(pp.8-10)がありますが、民國廿年のうち、最初の「江蘇省」から「河南省」まで同一の記載で、「山東省」以降の記載はありません。
民國廿四年(1935年)版の「中國大觀」中に「人口十萬以上の都市表」(pp.7-9)がありますが、民國廿三年と同様、最初の「江蘇省」から「河南省」まで同一の記載で、「山東省」以降の記載はありません。
民國廿五年(1936年)の「中國の大觀」中に「人口十萬以上の都市表」(pp.5-7)がありますが、民國廿三年と同様、最初の「江蘇省」から「河南省」まで同一の記載で、「山東省」以降の記載はありません。
民國廿六年(1937年)版の「中國の大觀」中に「人口十萬以上の都市表」(pp.12-14)がありますが、民國廿三年と同様、最初の「江蘇省」から「河南省」まで同一の記載で、「山東省」以降の記載はありません。
民國廿八年(1939年)版には、都市別の人口に関する記載はありません。

(2)中国年鑑. 第1巻(支那年鑑. 第1回(明治45年)) -- 日本図書センター, 2004.4【GE321-H27】
p.8に「人口十萬以上ノ大都府表」が掲載されています。23位まで掲載されています。備考の記述によれば、1906年『中國坤興詳誌』及び1910年度『海關報告』に據ると記述されています。
pp.8-9に「主要都市人口表」が掲載されています。各地方の都市人口が省別に一覧表でまとめられています。内訳は、「甘粛省」(7都市)「陜西省」(2都市)「四川省」(3都市)「湖南省」(6都市)「雲南省」(7都市)「福建省」(7都市)「吉林省」(6都市)「山西省」(6都市)「河南省」(1都市)「湖北省」(5都市)「江西省」(2都市)「安徽省」(3都市)「貴州省」(5都市)「廣西省」(6都市)「浙江省」(9都市)「直隷省」(6都市)「山東省」(9都市)「江蘇省」(9都市)「廣東省」(10都市)「黒竜江省」(6都市)「盛京省」(4都市)です。1906年『中國坤興詳誌』に據ると記載されています。

(3)中国年鑑. 第6巻(支那年鑑. 第4回(大正9年 1))-- 日本図書センター, 2005.2【GE321-H32】
pp.119-120に「主要都市人口表」が掲載されていますが、【GE321-H27】と同一です。
pp.120-121に「主要都市人口表」が掲載されています。99都市が掲載されています。『中國鐵路現勢地圖附表』によると記述されています。

(4)中国年鑑. 第10巻(最新支那年鑑. 昭和10年版(昭和10年) 1)-- 日本図書センター, 2006.3【GE321-H59】
pp.16-18に「重要都市人口調査表」が掲載されています。18都市の人口が掲載されています。民國二十三年版『申報年鑑』所載との記述があります。

(5)申報年鑑. 民国25年版 / 申報年鑑社. -- 申報館售書科, 民国25【YD5-H-R059.2-Sh69ウ】
p.176(B 九六)に「各大城市人口一覧」が掲載されています。27都市の人口が掲載されています。調査年月は各都市により異なります。

(6)上田信三「資料 中華民國都市人口統計(上)華中及華南之部」(『支那研究』(58) 昭和16年3月5日pp.83-118【YA-27】(マイクロフィルム))
各地方((1)江蘇、(2)浙江、(3)安徽・江西、(4)湖北、(5)湖南、(6)四川、(7)雲南・(8)廣西、(9)廣東、(10)福建)ごとに都市人口をまとめています。データの掲載年、掲載期間は都市ごとに異なります。データの出典も記載されています。なお、資料を収集した筆者の推計値も一部含まれています。

(7)上田信三「中華民國都市人口統計(下)華北及蒙疆之部」(『支那研究』(59) 昭和16年 6月5日pp.145-160【YA-27】(マイクロフィルム))
各地方((11)河北、(12)山東、(13)河南・山西、(14)陜西・甘隶(附 寧夏・青梅)(15)蒙疆)ごとに、都市別人口をまとめています。データの掲載年、掲載期間は、都市ごとに異なります。データの出典も記載されています。

(調査済資料)
・大陸年鑑. -- [復刻版]. -- ゆまに書房, 2008. -- (中國年鑑・大陸年鑑)【Z79-B334】1940-昭和20年版
・中国年鑑. 第2巻(支那年鑑. 第2回(大正6年 1)). -- 日本図書センター, 2004.4【GE321-H28】
pp.8-9に「人口十萬以上ノ大都府表」、pp.9-10に「主要都市人口表」が掲載されていますが、【GE321-H27】と同一です。
・中国年鑑. 第4巻(支那年鑑. 第3回(大正7年 1))-- 日本図書センター, 2005.2【GE321-H30】
pp.8-9に「人口十萬以上ノ大都府表」、pp.9-10に「主要都市人口表」が掲載されていますが、【GE321-H27】と同一です。
・中国年鑑. 第8巻(新篇支那年鑑. 昭和2年版(昭和2年) 1)-- 日本図書センター, 2006.3【GE321-H57】
・中国年鑑. 第12巻(新支那年鑑. 第7回(昭和17年) 1)-- 日本図書センター, 2006.3【GE321-H61】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般年鑑  (059 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
人口
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085688解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!