このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000246575
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
0050004451
事例作成日
(Creation date)
20171006登録日時
(Registration date)
2018年11月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年11月29日 19時17分
質問
(Question)
都立図書館で刊行していた雑誌『ひびや』に内田ハチの論文「朗抱として辺境を歩く謎の旅人、謎の文人」はあるか。
回答
(Answer)
都立図書館で刊行していた『ひびや』の総索引(資料1)を引いたが該当の論文を見出すことはできなかった。

手がかりを得るために、「Google books」( https://books.google.co.jp/  最終アクセス日:2018年8月8日)にてキーワード<朗抱として辺境を歩く謎の旅人>で検索したところ、資料2のp.499がヒットした。これは、巻末の「菅江真澄研究文献目録」のp.48を指しており、次のように記載されている。

「内田ハチ 朗抱として辺境を歩く謎の旅人、謎の文人「ひびや(日比谷クラブ)」19(帝国ホテル) 3・6」

上記から、『ひびや』とは、都立図書館発行の雑誌ではなく、帝国ホテルで発行された刊行物の名称と思われる。

キーワード<帝国ホテル>にて蔵書検索を行い、資料3を見出した。p.807「「日比谷クラブ」の拡充」には、「日比谷クラブの邦人会員専用会報「ひびや」。隔月で昭和63年から発行されている。」という記述が図版とともに掲載されており、帝国ホテルでの刊行があったことが認められる。
しかしながら、「CiNii Articles」( https://ci.nii.ac.jp/ )や「国立国会図書館オンライン」( https://ndlonline.ndl.go.jp/ )を検索したが、所蔵している図書館を見出すことはできなかった(最終検索日:2018年9月4日)。

Googleをキーワード<帝国ホテル ひびや 会員誌>で検索すると、以下のPDFファイルを見出せた。
『AD STUDIES』54巻(2015年)
p.30-31「連載<PR誌百花繚乱>第5回 帝国ホテル「IMPERIAL」1994年」(岡田芳郎)
http://www.yhmf.jp/pdf/activity/adstudies/vol_54_02.pdf  最終確認日:2018年10月25日)
これによると帝国ホテルの『ひびや』の後継誌は『IMPERIAL』で「1994(平成6)年1月1日に隔月刊で創刊」されたことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (051 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『ひびや』・『都立図書館報』・『とりつたま』-総目次・総索引- / 金子寛/編集 / 金子寛 , 2017.6 <DR/016.2/5331/2017>
【資料2】菅江真澄研究の軌跡 / 磯沼 重治/編 / 岩田書院 , 1998.9<2891/ス3/304>
【資料3】帝国ホテル百年史 1890-1990 / 帝国ホテル/編 / 帝国ホテル , 1990.11<6890/3029/90>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000246575解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!