このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043222
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-0928
事例作成日
(Creation date)
2008/03/31登録日時
(Registration date)
2008年04月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年06月18日 12時39分
質問
(Question)
1.養蜂技術が日本に入ってきたのはいつか 2.中国の3大美人は誰 3.姥捨て山伝説についての本はあるか
回答
(Answer)
1.養蜂技術が日本に入ってきたのはいつか 『日本大百科全書』(請求記号R031 小学館 1988年発行 貸出不可)p.543 養蜂項目の〔日本の養蜂〕に、以下の記述が記載あり。日本では「日本書紀」皇極天皇2年(六四三)の条にミツバチに関する最初の記事が登場する。国産蜂蜜の記事がはっきりとした史料に書かれたのは、平安時代に入ってからである。「延喜式」(九二七成)蜂蜜献上の記録がある。・・・以下省略・・・として紹介あり。
2.中国の3大美人 書籍では確認ができなかった。四大美人についてはインターネットのフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に以下のように記述あり。ただしインターネットの情報であるため情報源が不明瞭な内容である。・中国四大美人(ちゅうごくしだいびじん)とは、中国の歴史上において特に美人とされる四人の女性のこと。一般に中国四大美人と呼ばれるのは以下の女性たちである。1.西施(戦国時代) 2.虞美人(秦末) 3.王昭君(漢) 4.楊貴妃(唐) ただし、このほかに卓文君(晋)を加え、王昭君を除くこともある。また貂蝉(後漢)を加え、虞美人を除くこともある。同時に中国四大悪女にも名を連ねる者もいる。
3.姥捨て山伝説についての本は所蔵があるか ・『日本の民話 5 甲信越』(請求記号388.1/ギニ/5 小沢 俊夫/〔ほか〕編 ぎょうせい,1995.2)p.200~202   ・『民話の森』(請求記号388.1/オミ 小沢 さとし/著 総和社,2004.11)p.84~85 ・『日本の昔話と伝説』(388.1/オニ/ 大島 建彦/著 三弥井書店,2004.7)p.111~166(姥捨て山の昔話についての諸問題などが書かれている)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
雑著  (049 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000043222解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ