このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113906
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻078
事例作成日
(Creation date)
2012年10月25日登録日時
(Registration date)
2012年11月11日 17時26分更新日時
(Last update)
2012年11月11日 17時26分
質問
(Question)
振子時計の振子の部分の構造が分かる資料が見たい。
回答
(Answer)
振子の動力については【資料1】p185、【資料2】p42-3を見ていただいた。
振子の部品については【資料3】p570-1を見ていただいた。
また、【資料4】に色々な時計の写真が載っており、そちらもご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
主に技術関係の資料から振子の動力に関する資料を探した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
研究法.指導法.技術教育  (507 9版)
精密機器.光学機器  (535 9版)
英語  (033 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『人類の歴史を変えた発明1001』ジャック・チャロナー/編 ゆまに書房 2011
【資料2】『道具と機械の本』デビッド・マコーレイ/著 岩波書店 2011
【資料3】『分解博物館』 同朋舎出版 1996
【資料4】『世界の古時計』松本市立博物館/編 松本市立博物館 2001
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000113906解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ