このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137810
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131004-3
事例作成日
(Creation date)
2013年10月04日登録日時
(Registration date)
2013年10月04日 15時26分更新日時
(Last update)
2013年10月04日 17時38分
質問
(Question)
『事林広記』について知りたい。
回答
(Answer)
中国文化史大事典 / 尾崎雄二郎, 竺沙雅章, 戸川芳郎編集代表 東京 : 大修館書店 , 2013 ISBN:97844690128
p.614 じりんこうき 【事林広記】
南宋~明の日用類書。陳元靚(ちんげんせい)撰。・・・
台湾故宮蔵元刊本、北京大学蔵元刊本と和刻本(底本は元泰定刊本か)に、それぞれ影印本がある。

中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018
p.385 じりんこうき 【事林広記】

中國日用類書史の研究 酒井忠夫 著, 国書刊行会, 2011 9784336053152
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/4752388.html (2013/10/04確認)
p.59, p.69
回答プロセス
(Answering process)
中國書籍文化の一端
97休題2~日用類書~
http://www.ic.daito.ac.jp/~oukodou/kosyo/kosyo-97.html (2013/10/04確認)
日用類書とは、実際の日常生活に関する諸々の事柄を集めた類書のことであり、宋・元あたりから作られ出すが、庶民の間で一種の生活百科全書として或いは諸般に渉る日常生活手引き書として、一世を風靡して流行し出すのは、明末から清朝にかけてである。それらの書籍は「萬用正宗」とか「不求人」とか「萬寶全書」とか称されているが、それは各本の固有名詞つまり各本独自の書名ではなく、日用類書を表す一種の普通名詞である。因ってその内容は、人々の日常生活に関する占い・日選び・病気・地理・衣服・天文等々、森羅万象諸般全般に渉って記載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国語  (032 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
《古書あれこれ》
http://www.ic.daito.ac.jp/~oukodou/kosyo/kosyo.html (2013/10/04確認)
キーワード
(Keywords)
日用類書
陳元靚 ちんげんせい
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137810解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!