このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195346
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16032515277500
事例作成日
(Creation date)
2016/05/20登録日時
(Registration date)
2016年07月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
地平線について子どもにもわかるように説明できるやさしい内容の本はないか。
回答
(Answer)
まず、百科事典・図鑑で【地平線】について調べる。
①『総合百科事典ポプラディア 7』には、「陸地または海が空と接する線。」と記述がある。また、「地学でつかわれる専門的な意味の地平線とは、観測する人とその真上の点とをむすぶ線と直角に交わる高度0の平面と天球(観測者を中心とし、そこからながめた半径が無限大の想像上の球体)がまじわる線のことである。」ともある。
②『学研ハイベスト教科事典 地球・宇宙』では、「自分のいる場所の水平面を大きく四方に広げていったとき、天球と交わってできる大きな円を地平線という。」という説明とともに図の中に地平線が示されている。
③『原色ワイド図鑑[18]』は、「ある地点の鉛直線(糸のさきにおもりをつけてさげたときに糸のさす方向)に垂直な平面が、天球とまじわってつくる大円を地平線という。」という記述がある。
つぎにOPACで全項目【地平線】+資料種別【児童図書】で検索しても、地平線について書かれているものはなかった。そのため、全項目【地球】+資料種別【児童図書】や全項目【天文】+資料種別【児童図書】などで検索し、現物をあたってみた結果、地平線についての説明がある資料を2件見つけることができた。
④『絵でわかる宇宙大地図』には、用語集がついており、その中で「遠方に見える、地面と空の境界線」という記述がある。
⑤『地球の大研究』には、水平線や地平線がまっすぐに見える理由として、「肉眼では巨大な地球のほんの一部しか見ることができない」ためであるという記述があり、水平線の写真も掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (031 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『総合百科事典ポプラディア 7』ポプラ社,2011,335p.参照はp.49
②『学研ハイベスト教科事典 地球・宇宙』学研ネクスト,2010,480p.参照はp.14
③『原色ワイド図鑑[18]』学研,2002,211p.参照はp.198
④ロバート・バーナム著『絵でわかる宇宙大地図』ネコ・パブリッシング,2005,128p.参照はp.124
⑤束田進也監修『地球の大研究』PHP研究所,2009,79p.参照はp.62
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016032515265577500
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000195346解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ