このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000177693
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-1870
事例作成日
(Creation date)
2015年07月27日登録日時
(Registration date)
2015年07月25日 14時57分更新日時
(Last update)
2015年10月15日 14時22分
質問
(Question)
① 土崎空襲の際にB29が搭載していた爆弾の種類について
② 爆弾と焼夷弾の違い
回答
(Answer)
① 『日本空襲の全容』p.243に、
  M30 100ポンド通常爆弾とM57 250ポンド通常爆弾 無延期弾底
  とあり。

② 百科事典の該当事項を紹介
  『世界大百科事典』22 p.438(爆弾)に、
  「弾薬などを容器に充填し、投下あるいは投擲し、爆発させるなどして敵の施設を破壊し人員を殺傷するなどの目的で使用される兵器。
  (略)一般には、航空機から投下して使用するもののみを指し」
  とあり。
  同項の、爆弾の種類の分類の中に、Ⓒ焼夷爆弾 とあるので、焼夷弾は爆弾のくくりの中の一つと思われる。

  『日本大百科全書』7 p.365(空襲) 同11p.788(焼夷弾) 同18p.626(爆弾)
  『日本史大辞典』2 p.951(空襲)
  『アジア・太平洋戦争』(ポプラディア)p.64-65
回答プロセス
(Answering process)
土崎空襲で落とされたのは焼夷弾だと言われているが、本当にそうなのかの確認をしたいとのこと。
空襲が行われた時期や目的、地域によっても落とした爆弾の種類は異なるのではないか、という疑問もあり、それについては『日本空襲の全容』「あとがき」部分にまとめられていたため、あわせてご紹介した。
爆弾そのもの(M30やM57など)については資料を見つけられず、防衛省図書館(℡03-3268-3111)をご紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
百科事典  (030 8版)
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
口頭 H27.7.15
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000177693解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!