このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108076
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-069
事例作成日
(Creation date)
2012年04月10日登録日時
(Registration date)
2012年07月02日 13時50分更新日時
(Last update)
2013年09月11日 14時38分
質問
(Question)
「水府系纂」を探している。
10年前くらいに、茨城県立図書館にいって電子化されたものをみた。当時は複写不可だった。
今現在、郵送複写は可能になっているか、あるいは家でインターネットでみられるようになっているか状況を確認してほしい。
回答
(Answer)
自館の所蔵資料やインターネット情報の調査では、翻刻されたものやインターネットで閲覧できるものは見つからなかった。
茨城県立図書館及び茨城県立歴史館に問い合せたところ、郵送複写は不可ということであった。
原本の所蔵機関である徳川ミュージアム彰考館レファレンスルーム ( http://tokugawa.gr.jp/refarence/index.html 公益財団法人徳川ミュ-ジアム 2013/09/11最終確認)
及び写真版を所蔵している茨城県立歴史館を紹介した。
備考欄に追記あり。(2013/09/11)
回答プロセス
(Answering process)
1 インターネットでの調査
《日本古典籍総合目録》を〈水府系纂〉で検索する
統一書名 水府系纂 (すいふけいさん ), K, 1
巻冊 二五〇冊
分類 系譜
著者 彰考館員(彰考館) 編
著作注記 〈般〉宝永元‐慶応。
国書所在 【写】彰考
著作種別 和古書
活字本の情報なし。所蔵も茨城県歴史館のみ。

《NDL-OPAC》を〈水府系纂〉で検索する
「水府系纂五十音別索引」(茨城県歴史館 編 茨城県歴史館 1900)や「水府系纂 第1」(加藤 松蘿 編 加藤松蘿書写)、「水府系纂抜書」(加藤 松蘿 編 加藤松蘿書写)の情報はあるが、「水府系纂」そのものは見つからず。

《茨城県立図書館OPAC》
「水府系纂」そのものは見つからず。
『水戸市史 中巻1』の内容注記の一部に「水府系纂」とある。

《茨城県立図書館デジタルライブラリー》
一覧に〈水府系纂〉なし

《東京大学史料編纂所データベース》
〈水府系纂〉で検索すると「大掾商 石川氏文書」に「石河系図(水府系纂第68)etc.」のイメージあるが、該当の画像は見つからず。石川氏の部分だけと思われる。

《茨城県立歴史館》 
〈水府系纂〉で検索すると111件ヒットするが、画像はなし。

2 茨城県史等の調査
『茨城県史料 近世政治編1-3』(茨城県史編さん近世史第1部会編 茨城県 1970-1992)
『茨城県史 近世編』(茨城県 1985)
『茨城県大百科事典』(茨城新聞社編集 茨城新聞社 1981)
『水戸市史 中1』(水戸市史編さん委員会編 水戸市 1968)
p162-164「水府系纂」の項あり。翻刻の情報はなし。
p164-197「水府系纂」の内容をもとに水戸藩の家臣団の形成について分析を行っている。

3 茨城県立図書館及び茨城県立歴史館に問い合わせをし、回答の情報を得る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
稀書目録.善本目録  (026 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
水府系纂
水戸藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
茨城県立歴史館
茨城県立図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
追記(2013/09/11)
原本を所蔵している徳川ミュージアム彰考館レファレンスルームでは、マイクロ・フィルムで閲覧、複写ができる。(利用には年間登録が必要。有料)
また
茨城県立歴史館では、直接来館した閲覧者に限定して写真版を公開している。電話等による照会は不可。
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000108076解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!