このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000055884
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20090501
事例作成日
(Creation date)
2009年05月01日登録日時
(Registration date)
2009年06月21日 11時13分更新日時
(Last update)
2009年06月21日 12時25分
質問
(Question)
「横浜之図」を所蔵しているか。
回答
(Answer)
当館で保管している松平文庫に下記2点の絵図があります。
1.「横浜之図」(安政6年水無月写 162×76cm)
2.「御持場海岸分見画図」(安政6年 107×255cm)
回答プロセス
(Answering process)
1.福井藩作成とあるので、松平文庫ではないかと推測する。
福井県立図書館HP( http://www.library.pref.fukui.jp/) → 郷土のページ → デジタルアーカイブ → 貴重資料データベース 
 「横浜」で検索すると「横浜之図」(M291-38)があることが判明した。
2.Googleで「横浜」「図」「福井藩」でかけあわせ検索
→ 横浜開港資料館 館報「開港のひろば」83号(2004.2.4発行)の記事がヒット。( http://www.kaikou.city.yokohama.jp/journal/083/083_03_02.html)
  資料よもやま話「最初の外国人居住地」のうち、安政6年頃の様子を描いた絵図に、警備を担当した福井藩の作成になる「御持場海岸分見画図」(松平宗  紀氏所蔵福井県立図書館保管松平文庫)がある旨の記述。
  上記1の貴重資料データベースで検索すると松平文庫にあり、『図説横浜外国人居留地』に写真、解説があることがわかる。
3.念のため『松平文庫目録』をひくと、p65に「横浜之図」、p215に「御持場海岸分見画図」の記載有り。

(インターネットの情報はすべて2009/05/01確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
『横浜タイムトリップガイド』(講談社 2008.9 291.3/ヨコハ)p38に「横浜之図」福井藩作成と表記して掲載されているが出典はない。
NDC
稀書目録.善本目録  (026 8版)
参考資料
(Reference materials)
『図説横浜外国人居留地』横浜開港資料館編 有隣堂 1998 (213.7/ヨコハ) (p18「御持場海岸分見画図」の写真、解説あり
)
松平文庫目録
キーワード
(Keywords)
絵図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000055884解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ