このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037467
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07030118058457
事例作成日
(Creation date)
2007/03/01登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時13分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
備中話という本について知りたい。
回答
(Answer)
『国書総目録』では『備中話』は「びっちゅうばなし」と読み、13冊にわたる地誌で、著者は奥田楽山、明治期の写本が内閣文庫(国立公文書館内閣文庫)にあるとしている。『岡山県歴史人物事典』の奥田楽山の項では「楽山は歴史にも関心を持ち『備中話』5巻を著している」としている。また『高梁市史』には三島中洲の話として、楽山が「備中話を著せり。未成の書なれども、上房下道二郡の事はややつまびらかなり」と記している。作成時期は不明で、奥田楽山の生没年1777~1860年の間での作成である。『岡山の古文献』に備中の地誌で幕末嘉永以降に刊行されたとする『備中誌』には、備中誌引用書目として『備中話』が挙げられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
稀書目録.善本目録  (026 9版)
参考資料
(Reference materials)
『補訂版 国書総目録 第六巻』岩波書店,1990.岡山県歴史人物事典編纂委員会編『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社,1994.高梁市史編集委員会編『高梁市史』高梁市,1979.中野美智子『岡山の古文献 岡山文庫135』日本文教出版,1988.『備中誌』日本文教出版社,1972.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007030118041758457
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000037467解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ