このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000194900
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-一般286
事例作成日
(Creation date)
2016年06月09日登録日時
(Registration date)
2016年07月20日 10時31分更新日時
(Last update)
2016年07月20日 10時31分
質問
(Question)
淳祐の道場観について書かれている本はないか。
回答
(Answer)
データベース「JapanKnowledge Lib」で「淳祐」を検索すると、次のとおり。

淳祐(じゅんにゅう)890-953
平安時代中期の僧。寛平2年生まれ。菅原道真の孫。菅原淳茂の子。真言宗。醍醐寺の観賢から灌頂をうける。醍醐寺座主(ざす)に推されたが、病弱のため辞退。石山寺普賢院に隠棲し、修行と著作に専念した。天暦7年7月2日死去。64歳。通称は石山内供、普賢院内供。著作に「石山七集」「金剛界次第法」など。
"じゅんにゅう【淳祐】", 日本人名大辞典, JapanKnowledge, http://japanknowledge.com, (参照 2016-07-17)

まず、淳祐の著作で「道場観」という言葉が含まれるものを『国書総目録 補訂版 著者別索引』(岩波書店 1991)で調査すると、次の2点。

「要尊道場観(ようそんどうじょうかん)」第7巻P886の4段目
「略道場観集(りゃくどうじょうかんしゅう)」第8巻P48の4段目

そのうち「要尊道場観」は活字化されており、『大正新修大蔵経』の78巻(国立国会図書館デジタル化資料送信サービス対象資料)に納められていることがわかります。

また、ネット検索でGoogleブックスで「淳祐 道場観」を検索すると、『不動信仰辞典』(宮坂宥勝 戎光祥出版 2006)のP228がヒットしたため、所蔵確認をして提供しました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般書誌.全国書誌  (025 9版)
各宗  (188 9版)
伝記  (280 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】データベース「JapanKnowledge Lib」[最終アクセス2016.7.17]
【資料②】『国書総目録 著者別索引』[R/025.1/コ-9・1111566160]
【資料③】『不動信仰辞典』[186.8/フ・1112048093]
キーワード
(Keywords)
淳祐 じゅんにゅう
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000194900解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ