このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152016
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20140410-1
事例作成日
(Creation date)
2014年04月10日登録日時
(Registration date)
2014年04月10日 17時48分更新日時
(Last update)
2014年04月11日 16時16分
質問
(Question)
日本の出版社の数や書籍や雑誌の販売総額、新刊点数の最近のデータを知りたい。
回答
(Answer)
 2012年の日本の出版社数は 3,676社(ピーク時は1997年で4,612社)で年々減り続ける傾向にある。その反面、2012年の新刊書発行点数は過去最多の 82,200点と伸びている。しかしながら総発行部数は 129,066万冊で1985年の水準にとどまった。平均して1社あたり年に約 22冊の新刊を出版したことになる。最多出版社は講談社で 2,200冊であった。また新刊書籍の平均単価は 2,278円である(資料1から)。

・・・・・引用ここから
 2012年の出版界の売上額は 1兆8,332億3,704万円(前年比3.6%減)であった。うちわけは書籍が 8,614億3,811万円(2.1%減)、雑誌が 9,717億9,893万円(4.9%減)で書籍・雑誌ともに減少した。とくに雑誌が1兆円を割ったことが特色である。(後略……)
・・・・・引用おわり
[出典:資料1「出版年鑑 平成25年版」の p.12 「出版概況」より]
回答プロセス
(Answering process)
◆ 資料3のリサーチナビの情報から、資料1の「出版年鑑」と資料2の「出版指標年報」の最新刊を書架から探し出す。資料1の「統計・資料」の各種統計表から指標となる数字を拾っていく。また資料2の「出版指標年報」から読みとれる出版物の販売総額は、取次ルート経由による推計であることからなのか、下記の通り 1兆7,398億円とされ、上記の資料1の数字とは約1千億円の開きがある。書籍の新刊点数もこちらでは 78,349点となっている。

・・・・・引用ここから
 2012年の出版物(書籍・雑誌合計)の推定販売金額は前年比 3.6%減(644億円減)の 1兆7,398億円となった。
 販売金額の内訳は、書籍が同 2.3%減(186億円)の 8,013億円、雑誌が同 4.7%減(458億円減)の 9,385億円。雑誌の内訳は、月刊誌が同 4.6%減(335億円減)の 7,374億円、週刊誌が同 4.9%(103億円減)の 2,012億円であった。
 書籍はミリオンセラーが1点しか出なかったように、ヒット作に恵まれず6年連続の前年割れ。雑誌は15年連続の前年割れで、前年の 6.6%減に次いで過去2番目に大きい落ち込みを示した。
 出版物の長期的な需要低下は、景気の低迷に加え、若年人口の減少の影響と中心読者層の年齢上昇という要因がある。また、書籍については低価格志向が強く、単行本から文庫本に需要がシフトしている傾向がみてとれる。雑誌はパソコンやスマートフォンによるネットの活用などで情報源や娯楽としての媒体価値が低下する一方だ。若者が雑誌読者として育っていないため、需要は加速度的に減退している。(後略……)
・・・・・引用おわり
[出典:資料2「出版指標年報 2013年版」の p.27 「2012年 出版概況」より]


〔参考 Wikipedia:出版不況〕
http://bit.ly/1jvRFgW  last_access:2014-04-10)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般書誌.全国書誌  (025 9版)
出版  (023 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.出版年鑑編集部/編. 出版年鑑 平成25年版 1(資料・名簿編). 出版ニュース社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I047811422-00  (本学所蔵 025.1//Sh99//2013-1)
【資料2】.出版科学研究所. 出版指標年報 2013年版. 全国出版協会出版科学研究所, 1961.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046853699-00 , ISBN 9784915084003 (本学所蔵 023.1//Sh99//2013)
【資料3】.NDL リサーチナビ : 調べ方案内 > 出版産業に関する主要統計資料
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-387.php last_access:2014-04-10)
【資料4】.一般社団法人 日本書籍出版協会 Website :会員出版社一覧 (2013年7月30日現在:435社)
http://www.jbpa.or.jp/outline/member.html last_access:2014/04/10)
【資料5】.一般社団法人 日本雑誌協会 Website : 会社別雑誌一覧
http://www.j-magazine.or.jp/data_001.php last_access::2014/04/10)
キーワード
(Keywords)
出版統計
出版概況
出版指標
出版社
出版不況
活字離れ
読者離れ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
・国立国会図書館
備考
(Notes)
○ 調べ方マニュアル:出版統計(戦後)(国立国会図書館)
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000001473
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000152016解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ