このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086847
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10021418055137
事例作成日
(Creation date)
2009/12/23登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
本の「せどり」とはどのような仕事か知りたい
回答
(Answer)
『出版事典』(布川角左衛門他編 出版ニュース社 1971)には「せどりや」という項目があり、2つの仕事が紹介してある。1つが小卸仲買業、もう1つが古書業界に関するものである。今回は「本」を扱う仕事についての質問なので、2番目の、「同業者の店頭から相場より安い本を捜して買い、客あるいは同業者に売ったり古書市に出品して口銭を取る業者をいう」という内容を回答した。また『古本用語事典』(久源太郎著 有精堂出版 1989)には「セドリ」及び「せどり屋」という2つの言葉が掲載されている。また「日本古書通信」(日本古書通信社)の第63巻第1号(1998)から第63巻第6号(1998)には中川道弘氏の「必殺せどり人」という連載記事が6回に渡って掲載されている。また「本の話」(文芸春秋社)第4巻第4号(1998)には「インタビュー古書の裏に競取(せどり)あり」というタイトルの、実際にせどりをやっているという志田政明氏へのインタビュー記事が掲載されている。また「AERA」(朝日新聞社)第20巻第23号(2007)には「こだわり力でせどり長者」という、せどりによってお金を稼いでいる人たちについての記事が掲載されている。また梶山季之著『せどり男爵数奇譚』は、せどりを生業にしている人が主人公の小説である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書の販売  (024 9版)
参考資料
(Reference materials)
布川角左衛門ほか編『出版事典』東京 出版ニュース社,1971,660p.参照はp248. 久源太郎著『古本用語事典』東京 有精堂出版,1989,338p.参照はp46,106. 中川道弘「必殺せどり人1-6」『日本古書通信』Vol.63,No.1-No.6,1998.1-6. 志田政明「インタビュー古書の裏に競取(せどり)あり」『本の話』Vol.4,No.4,1998.4,p33-36. 斉藤泰生「こだわり力でせどり長者」『AERA』Vol.20,No.23,2007.5,p50-52. 梶山季之著『せどり男爵数奇譚』東京 桃源社.1974
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010021418082255137
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086847解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ