このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000216920
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 17-0008
事例作成日
(Creation date)
2016/09/17登録日時
(Registration date)
2017年06月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年06月05日 00時30分
質問
(Question)
「北海道における書店が無い(有る)市町村名」
 1図書カード取扱店をwebサイトから拾い上げたりするのではなく、統計データが必要です。
  国や道のデータが理想ですが、団体等の統計でも結構です。
 2市町村名までわからなくても、書店が無い市町村数だけでも結構です。その際は、市・町・村の別などが分かるとありがたいです。
 3例えば新聞・雑誌記事等で、書店が無い市町村の一覧や、市町村数などが掲載されていれば、出典が怪しかったり、半端なデータであっても、一応把握  しておきたいです。
 4「書店の有無」だけでなく、市町村別の店舗数もわかるとありがたいです。
 5必要なのは最新のデータですが、古いデータならあるという場合は、それでも結構です。
回答
(Answer)
北海道における書店がない(ある)市町村名(統計データ)

統計データとして「公表されているもの」は確認できず。
北海道で公表している「商業統計調査結果」に、市町村別の書店数の事業者数はなし。
『北海道市町村勢要覧』の商業の項目で書店数はなし。
いくつかの町村の要覧を見てみたが、書店数のデータは確認できなかった。

参考として、
2015年1月6日の毎日新聞に「書店空白332市町村」という記事があり、北海道で書店がないのは47市町村、とある。市町村名は掲載なし。(書店のない市、として「北海道歌志内」の名前が掲載されているのみ)「アルメディア調べ」とあり。
「株式会社アルメディア」はホームページをもっておらず、また、「データ公開はなく,『文化通信』『新文化』などの業界紙を通じて発表される。」とのこと。(「情報の科学と技術63巻8号掲載「書店をめぐる現在」(柴野京子)の註・参考文献の記述による。なお、この論文はJ-STAGEで公開されている。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jkg/63/8/63_KJ00008761525/_pdf  最終確認2017/5/17)
当館所蔵『文化通信』を見たところ、毎年5月に「日本の書店統計」が掲載されていた。ただし都道府県別書店数のみであり、市町村別の数字はない。(参考までに2014年5月1日現在北海道の書店数は686、2015年5月1日現在は668。2016年はなぜか掲載されていなかった。)

北海道書店商業組合でなんらかの数字を把握していないかと考え、HP( http://www.h6.dion.ne.jp/~h-syoten/  最終確認2017/3/16)を見たがそれらしい情報はなし。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023 7版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
書店
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000216920解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!