このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206678
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-16-044
事例作成日
(Creation date)
2016年09月25日登録日時
(Registration date)
2017年01月17日 16時13分更新日時
(Last update)
2017年01月31日 10時38分
質問
(Question)
 昭和3年頃に改造社が発行していた『現代日本文学全集』(自分は昭和3年発行の「正岡子規」の巻を持っている)は全何巻だったか。
 また、第1巻が発行されたのはいつか。
回答
(Answer)
 62巻と別巻をあわせて全63巻。
 第1巻(奥付では「第一篇」)『明治開化期文学集』が発行されたのは昭和6年1月。第11篇『正岡子規』の方が先に発行されているように、必ずしも篇の番号順には発行されておらず、最初に発行されたのは第6篇『尾崎紅葉』で、大正15年12月。
回答プロセス
(Answering process)
1 改造社発行『現代日本文学全集』の当館の所蔵を検索。51巻まで所蔵。
  第11篇『正岡子規』の奥付を確認。昭和3年発行なので、この全集のことと思われる。
  データ上、発行は篇の順番には行われておらず、第6篇の発行が一番古い(奥付もこのとおり)。
2  改造社に関する資料を検索。
  参考資料1にはこの全集が「円本時代の幕開け」となったことが書かれているが、全集の構成に関する記載はない。
  参考資料2には 「改造社『現代日本文学全集』作品総覧」が掲載されている。これによると62篇と別巻の全63巻構成。
3  資料ウで「円本」の項を確認。
  1926年12月の「尾崎紅葉集」が第1回配本であったこと、当初全37巻別巻1冊の予定だったが、全62巻別冊1巻に拡大されたこと、が記載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023)
日本文学  (910)
参考資料
(Reference materials)
1 『改造社の時代 戦前編』水島治男/著 図書出版社 1976年 当館図書請求記号【210.7/162/1】
2 『改造社のメディア戦略』庄司達也[ほか]/編 双文社出版 【023.06/シタ】
3 『世界大百科事典 改訂新版 3』 平凡社 2007年 【031/セカ/1】
キーワード
(Keywords)
改造社
円本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000206678解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ