このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086836
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10020419055111
事例作成日
(Creation date)
2009/12/11登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
明治年間各年別の書籍出版点数を知りたい。
回答
(Answer)
明治14年以降であれば『内務省統計報告』があるので、毎年の数値が掲載されている。しかし明治元年から13年までについては掲載されていない。この間については『出版』(鈴木敏夫著 出版ニュース社 1970)に「それ以前の分は、まとまった統計資料からマル写しして済ますわけには参りません。種々の文献からひろい集めて、数字を出してみるしかない。だれもまだ、そんな厄介な仕事をやってくれていないのですから、しようがない、自分でやってみましょう。」という記述があり、著者が独自に調査された明治元年から13年までの各年の書籍出版点数が掲載されているので、紹介した。また『日本出版史料 1』(日本出版学会・出版教育研究所編 日本エディタースクール出版部 1995)所収の論文「年報『大日本帝国内務省統計報告』中の出版統計の解析(上)」(牧野正久)及び『同 2』(同 1996)所収の「同(下)」(同)によると、「日本出版産業史を計量的裏付けをもって構築するにはこの統計の外に利用できる物が無い。」と記述されており、『内務省統計報告』中の「決して少なくない誤植」や「幾つかの不整合」等について考察されている。また同論文には、内務省年報による納本部数(明治7年度~明治13年度)、『日本帝国統計年鑑』中の出版書籍数(明治12年~明治18年)、『出版書目月報』の掲載点数(明治11年~19年)が掲載されているので、あわせて紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
出版  (023 9版)
参考資料
(Reference materials)
『内務省統計報告 (明治17・18年~明治45・大正元年)』(内務大臣官房文書課編纂 日本図書センター 1988-1990) 『出版』(鈴木敏夫著 出版ニュース社 1970)726p.参照は35p-63p. 『日本出版史料 1』(日本出版学会・出版教育研究所編 日本エディタースクール出版部 1995)176p.参照は1-71p. 『日本出版史料 2』(日本出版学会・出版教育研究所編 日本エディタースクール出版部 1996)216p.参照は1-85p. 『内務省年報・報告書 第1巻~』(内務省原編 大日方純夫編 三一書房 1982~) 『日本帝国統計年鑑 第1回~』(統計院編纂 東京リプリント出版社) 『明治前期書目集成 第1分冊~第3分冊』(明治文献資料刊行会編 明治文献 1971-72)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010020419004955111
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086836解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ