このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203121
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20161213-3
事例作成日
(Creation date)
2016年12月13日登録日時
(Registration date)
2016年12月13日 15時53分更新日時
(Last update)
2016年12月21日 17時58分
質問
(Question)
著作権侵害に対する各国の法制度、対応を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料がみつかった。サイトへのアクセスは、すべて2016年12月13日である。

<政府文書 各国の状況概況>

「平成24年度知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業報告書」(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2013fy/E002643.pdf

「インターネット上の著作権侵害 に関する各国の法制度」(国立国会図書館)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3487281_po_0747.pdf?contentNo=1

海賊版対策について  ハンドブック(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/kaizokuban/handbook/
中国、ヨーロッパ、韓国、台湾、タイの対応について、ハンドブックとしてまとめられている。
諸外国の対応のまとめがあり、詳細な検討、引用文献の確認などで、各国法の比較ができる。

ヨーロッパにおける著作権侵害対策ハンドブック(イタリア共和国編)(平成20年3月) - 文化庁
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/kaizokuban/handbook/pdf/italy_singai_handbook.pdf

インターネット上の著作権侵害対策ハンドブック-欧州編-(平成22年3月)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/kaizokuban/handbook/pdf/internet_shingai_handbook.pdf

韓国における著作権侵害対策ハンドブック(平成19年1月)(1.39MB)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/kaizokuban/handbook/pdf/korea_singai_handbook.pdf
韓国では、著作権侵害は親告罪であった、非親告罪化となったが、新法制定による措置なども書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
著作.編集  (021)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
著作権法
著作権侵害
海賊版
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000203121解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ