このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195883
提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
NIER2016021
事例作成日
(Creation date)
2016年08月16日登録日時
(Registration date)
2016年08月16日 14時24分更新日時
(Last update)
2016年11月01日 15時02分
質問
(Question)
新聞切り抜きをスキャンして社内で送信して構わないか。
回答
(Answer)
日本複製権センターによると、以下のとおり。

==
Q.
新聞の記事をスキャナーで読み取り、イントラネットやLANを使って送信する場合、センターの許諾を得ることはできますか?

A.
デジタルデータ化された記事を、電子的手段を使って送信することについてJRRCは管理委託を受けていないため、
個々の新聞社の許諾を得る必要があります。JRRCは、デジタルデータ化についての管理委託を受けていないため、
新聞に限らず、管理委託を受けているすべ ての著作物についても同様です。
==

「よくある質問」より
https://www.jrrc.or.jp/faq/
回答プロセス
(Answering process)
(1)Googleで検索
新聞切り抜き 許可 等で検索
→新聞著作権協議会
  http://www.ccnp.jp/what.html

→日本複製権センター に委託

(2)
日本複製権センター スキャン で検索
→回答のよくある質問がヒット

===
【参考】クリッピング・サービスの許諾については、以下のとおり
<クリッピング・サービスとは>
新聞の記事を、組織的・継続的・反復的に複製し、情報共有化等のために
会社等の組織内で利用することを指します。このような利用形態は、複製
部数にかかわらず「クリッピング・サービス」に該当します。クリッピング・
サービスをご利用の場合は、原則、新聞社との契約が必要です。複製の対
象となっている新聞の発行社にお問い合わせいただくようお願いいたします。

http://www.ccnp.jp/what.html
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
著作.編集  (021)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
著作権
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000195883解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!