このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000030611
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2006-012
事例作成日
(Creation date)
2006/6/18登録日時
(Registration date)
2006年09月14日 02時11分更新日時
(Last update)
2016年02月24日 11時22分
質問
(Question)
日本画家「岸浪柳渓・百草居」の作品について解説している書籍を知りたい。
回答
(Answer)
埼玉県立図書館の蔵書からは見つけることはできず。調査結果から、希望に最も近いと思われる資料を紹介する。
「岸浪柳渓・岸浪百草居 その芸術と足跡 -館林市立資料館特別展-」(岸浪柳渓・岸浪百草居〔画〕 館林市教育委員会文化振興課 1998.11)

備考に追記あり。(2016/02/24)
『生誕120年館林に生まれた日本画家・岸浪百草居展 南画学習から写実を経て魚類画の名手に 群馬県立館林美術館企画展示』(岸浪百草居〔画〕 群馬県立館林美術館 2009)
回答プロセス
(Answering process)
埼玉県立図書館の蔵書からは、資料を見つけることはできず。調査結果から希望に最も近い資料は、
「岸浪柳渓・岸浪百草居 その芸術と足跡 -館林市立資料館特別展-」(岸浪柳渓・岸浪百草居〔画〕 館林市教育委員会文化振興課 1998.11)か。
埼玉県立図書館、県内市町村立図書館等は未所蔵。
所蔵が確認できたのは、国立国会図書館と群馬県内の複数の公立図書館(群馬県立、館林市立、伊勢崎市立、太田市立等)。百草居の出身が館林市で、群馬県内での所蔵機関が多いようである。
*解説の有無等、内容の詳細については、いずれかの所蔵館に 問合せの必要あり。
*群馬県内の所蔵図書館は、下記「群馬県内図書館横断検索」を利用し容易に確認できる。
なお、《NDL-OPAC》では、この他の関連資料が若干見受けられる。書名や著者名に「岸浪」と入力検索すると表示される。

その他の調査資料
『美術家索引 日本・東洋編』(日外アソシエーツ 1991)『日本名画家伝・物故編』(青蛙房 1967)『日本美術作品レファレンス事典 絵画篇 近現代』(日外アソシエーツ 1992)『画集写真集全情報 1945-2001』(日外アソシエーツ)『20世紀物故日本画家事典』(美術年鑑社 1998)

インターネット情報(すべて06/06/18 最終確認)
《NDL-OPAC》《Lics-Web》《NACSIS Webcat》
群馬県立図書館蔵書検索( http://www.library.pref.gunma.jp/cgi-bin/Sopcsmin.sh?p_mode=1
群馬県内図書館横断検索( http://www.library.pref.gunma.jp/cgi-bin/ilisod/odplus.sh
館林市立図書館蔵書検索( http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/library/ ) 
埼玉県公共図書館等横断検索( http://cross.lib.pref.saitama.jp/
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 9版)
図書.書誌学  (020 9版)
貴重書.郷土資料.その他特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
「岸浪柳渓・岸浪百草居 その芸術と足跡 -館林市立資料館特別展-」(岸浪柳渓・岸浪百草居〔画〕 館林市教育委員会文化振興課 1998.11)
キーワード
(Keywords)
岸浪 柳渓(キシナミ リュウケイ)
岸浪 百草居(キシナミ ヒャクソウキョ)
日本画
館林市-群馬県
郷土資料
書誌
飯島 栄一郎(イイジマ エイイチロウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
レファ協事業サポーター様より情報提供あり。以下、追加調査の本文。(2016/02/24)
東京文化財研究所の下記データベースで検索してみました。
《物故者記事》( http://www.tobunken.go.jp/materials/bukko
「本データベースは東京文化財研究所刊行の『日本美術年鑑』に掲載された物故者記事を網羅したものです。」

「岸浪百艸居」( http://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/8838.html
 「元日本南画院同人で独特の魚の絵を描くので知られていた」とあり。その他略年譜あり。
※「岸浪百艸居」の父「岸波柳渓」の記事はなし。

『生誕120年館林に生まれた日本画家・岸浪百草居展 南画学習から写実を経て魚類画の名手に 群馬県立館林美術館企画展示』(岸浪百草居〔画〕 群馬県立館林美術館 2009)
 群馬県立館林美術館で2009年10月~11月に開催された企画展示のカタログ、作品についての解説あり。
 「ごあいさつ」の項によると、百草居の画業は郷土史家・飯島栄一郎氏の研究・展示、1998年館林市第一資料館での「岸浪柳渓・岸浪百草居-その芸術と足跡―」展でまとまった紹介がされ、今企画展示が過去最大規模での展示であるとしています。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000030611解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ