このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000209994
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C170124170252
事例作成日
(Creation date)
2017/2/1登録日時
(Registration date)
2017年02月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月16日 00時30分
質問
(Question)
子どもに対して絵本などを音読して聞かせる行為を指す「読み聞かせ」という言葉の発祥や、「読み聞かせ」という言葉を日本で広めたのは誰か、知りたい。行為そのものは巌谷小波の口演童話がルーツである、というインターネット情報がある。言葉は戦後の「子どものための読書運動」の中で生まれ広がったのではないか、と推察したが、特定の人物、団体の情報が得られなかった。
回答
(Answer)
「読み聞かせ」の言葉の発祥に関して論じている資料1から資料3を紹介します。
なお、下記の資料及びデータベースを確認したところ、資料1及び資料2で明示された年代以前の資料で、教育用語や読書用語としての「読み聞かせ」、「読みきかせ」及び「よみきかせ」という単語の記載がある資料が複数あるようです。一例として資料4から資料7を参考までに紹介します。なお、資料4から資料7に、「読みきかせ」という言葉のルーツと断定できる情報は見当たりませんでした。
【 】内は当館請求記号です。末尾に「*」が付された資料は、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されており、インターネット上で公開しています。末尾に「**」が付された資料は、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されており、国立国会図書館及び図書館送信参加館内で公開しています。末尾に「***」が付された資料は、国立国会図書館デジタルコレクションに収録されており、国立国会図書館内で公開しています。インターネットの最終アクセス日は2017年1月25日です。

資料1 櫻井美紀「日本と海外、公教育の語りの授業」 『口承文藝研究』 (28), 2005 pp.96-101 【Z71-L446】
p.97の「2 一九七〇年以後の【読み聞かせ運動】と【語り聞かせ運動】」に、1967年に「日本子どもの本研究会」と「日本親子読書センター」が設立され、子どもの読書の推進運動を始め、新しい児童文学を広めるとともに本を読んで聞かせる活動を行ったが、「よみきかせ」という言葉はこの時からの造語である、という内容の記載があります。

資料2 増村王子編 『読みきかせの発見』 岩崎書店, 1973 【UG41-14】
pp.160-201の「6読みきかせとはなにか 増村王子」のp.164で、「読みきかせ」という言葉は最初に誰がどのような意味で使い始めたかについては明確でないが、急激な広がりを見せたのは増村氏らが行っていた読み聞かせに関する運動が始まったのと同時期でここ5、6年のことである、としています。

資料3 張江洋直, 池田裕子, 安藤友晴「児童サービス論の現在的な課題 : 「読み聞かせ」生成史と構造分析を中心に」 『稚内北星学園大学紀要』(13), 2013.3 pp.7-42 【Z71-H704】
pp.20-28の「3 児童サービスと「読み聞かせ」の歴史的な生成」で、資料2等を引用しつつ、「「読み聞かせ」という言葉それ自体は、「本を読み聞かせる」という言い方で以前から使われてはいた。しかしながらそれがいつから現在使われているような「読み聞かせ」として成立したのかについては確定的な情報はない。」(p.20)としています。
なお、この論文は稚内北星大学学術機関リポジトリに収録され、インターネット上で公開されています。( http://id.nii.ac.jp/1079/00000320/

資料4 上沢謙二 『赤ちやんばなし : 母のため』 厚生閣, 昭和17 【252.5-301】**
「読み聞かせ」という言葉が数箇所記載されています。

資料5 国分一太郎 『君ひとの子の師であれば』東洋書館, 1951 【376.2-Ko547k-t】***
pp.51-53の「昔ながらの読みきかせ」に、「読みきかせ」という言葉が数箇所記載されています。

資料6 阪本一郎, 滑川道夫, 深川恒喜共編 『読書指導事典. 指導編』平凡社, 1961 【019.2-D95-S】**
pp.459-469「用語・事項索引」のp.469に「読み聞かせ 38, 163」という項目があり、また、p.38及びp.163にそれぞれ読み聞かせに関連した事項の説明が記載されています。

資料7 日本文学教育連盟編 『戦後文学教育研究史. 下巻』 未来社, 1962 【375.8-N6842s】**
「読み聞かせ」、「文学読み聞かせ法」という言葉が複数箇所記載されています。

(その他調査済み資料及びデータベース)
・水田光 『お話の研究』 大日本図書, 大正5 【263.5-34】*
・平凡社編『新教育事典』 平凡社, 1950 【370.33-Si471-H】**
・植村長三郎編 『図書・図書館事典』 文徳社, 1951 【010.33-U346t】**
・無着成恭編 ; 箕田源二郎絵 『山びこ学校 : 山形県山元村中学校生徒の生活記録』 青銅社, 昭和26 【児816-M998y】**
・金澤嘉市「おはなし敎育の根本問題」 菅忠道等編 『現代児童文化講座. 上巻』 双竜社, 昭和26 pp.180-197 【371.45-Ka341z】**
・阪本一郎 『読書指導の手引』 牧書店, 1955 【019.2-Sa442d3】**
・亀井勝一郎等編 『読書指導講座』第1巻-第10巻 牧書店, 1955 【019.2-Ka261d】**
・阪本一郎編 『読書指導ハンドブック : 付・図書館教育細案』 牧書店, 1956 【019.2-Sa442d4】**
・緒方安雄『育児の事典 : 誕生から学齢まで』 実業之日本社, 1957 【599-O262i】**
・文部省学術奨励審議会学術用語分科審議会編 『学術用語集. 図書館学編』 大日本図書, 1958 【010.34-M753g】**
・滑川道夫 『読書指導』 牧書店, 1959 【019.2-N611d】**
・岡田文男「読書を導くもの -- 「読みきかせ」と子どもの反応」 『学校図書館』 (通号141), 1962.07 pp.28-30 【Z21-148】
・渋谷清視「私たちの課題・方向 日本文学教育連盟」 『教育評論』(147), 1963.10, p.81 【Z7-156】***
・阪本一郎等編 『現代読書指導事典』第一法規出版, 1967 【019.2-G29】**
・鳥越信, 森久保仙太郎 『3歳から6歳までの絵本と童話』 誠文堂新光社, 1967 【376.158-To547s】**
・阪本一郎等編 『現代読書指導事典』 第一法規出版, 1967 【019.2-G29】**
・東京都教組少年文化分科会著 ; 菅忠道編 『青少年文化運動』 啓隆閣, 1969 【FH21-1】
・杉山良也, 斎藤高子「幼児期における読みきかせの関与に関する研究」 『読書科学』16(4), 1973.3 pp.121-130 【Z21-152】
・内山憲尚「口演童話」 滑川道夫, 菅忠道編著 『近代日本の児童文化』 新評論, 1972 pp.156-172 【KG411-13】
・内山憲尚編 『日本口演童話史』 文化書房博文社, 1972 【KG411-12】
・日外アソシエーツ「雑誌文献目録」編集部編 『教育学・教育問題に関する10年間の雑誌文献目録 : 昭和40年-昭和49年』 日外アソシエーツ, 1979.2 【F1-58】
・日本図書館協会図書館雑誌編集委員会編 『図書館雑誌』 総索引(1946-1983) 日本図書館協会 【Z21-130】
・細谷俊夫ほか編 『新教育学大事典』 第一法規出版, 1990.7 【F2-E38】
・日外アソシエーツ株式会社編 『児童教育の本全情報 : 70/92』 日外アソシエーツ, 1993.1 【F1-E72】
・牧昌見編 『新学校用語辞典』 ぎょうせい, 1993.12 【F2-E105】
・鹿野政直, 鶴見俊輔, 中山茂編 『民間学事典. 事項編』 三省堂, 1997.6 【UA11-G25】
・富田仁編著 『日本初めて話題事典』 ぎょうせい, 1998.6 【UR1-G51】
・井上一郎 『読む力の基礎・基本 : 17の視点による授業づくり』 明治図書出版, 2003.4 【FC77-H12】
・山崎英則, 片上宗二編集委員代表 『教育用語辞典』 ミネルヴァ書房, 2003.7 【F2-H70】
・「じむきょくプラス」 『子どもの本棚』 32(8), 2003.8 p.45 【Z21-807】
・図書館用語辞典編集委員会編 『最新図書館用語大辞典』 柏書房, 2004.4 【UL2-H9】
・日外アソシエーツ株式会社編 『児童教育の本全情報 : 1992-2005』 日外アソシエーツ,紀伊國屋書店(発売), 2006.1 【F1-H47】
・清水直人編 『近・現代初のことがら年表 : 嘉永6年(1853年)から平成20年(2008年)まで -- 第2版』武藏野文學舍, 2009.3 【GB9-J12】
・日外アソシエーツ株式会社編集 『日本全国発祥の地事典』 日外アソシエーツ,紀伊國屋書店(発売), 2012.7 【UR1-J113】
・日外アソシエーツ株式会社編集 『学校・教育問題レファレンスブック』 日外アソシエーツ, 紀伊國屋書店(発売), 2013.9 【F1-L16】
・NDL-OPAC( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ( http://iss.ndl.go.jp/
・国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/
・国立国会図書館WARP( http://warp.da.ndl.go.jp/
・国会会議録検索システム( http://kokkai.ndl.go.jp/
・リサーチ・ナビ(当館提供データベース)( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
・CiNii Books( http://ci.nii.ac.jp/books/
・CiNii Articles( http://ci.nii.ac.jp/
・JAIRO(国立情報学研究所提供データベース)( http://ju.nii.ac.jp/
・J-STAGE(科学技術振興機構提供データベース)( https://www.jstage.jst.go.jp/
・ジャパンナレッジLib(当館契約データベース)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・「子どもの本と読書の事典」日本子どもの本研究会/編 岩崎書店
・「児童文学事典」日本児童文学学会/編 東京書籍
NDC
読書.読書法  (019 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
読み聞かせ、読書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000209994解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!