このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000205978
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001020007
事例作成日
(Creation date)
2016/11/08登録日時
(Registration date)
2017年01月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月08日 00時30分
質問
(Question)
本の読み聞かせの効果について書かれた本はないか。
回答
(Answer)
以下の資料に記述がありました。

『読書教育を学ぶ人のために』(山元隆春/編 世界思想社 2015.4)
「本と交わる―読み語り・読み聞かせ―」(p.42-67)のp.47以降で、絵本の読み語り・読み聞かせが脳の発達に与える影響等について述べられています。次にご紹介する『読み聞かせは心の脳に届く:「ダメ」がわかって、やる気になる子に育てよう』も文中で参照されています。

『読み聞かせは心の脳に届く:「ダメ」がわかって、やる気になる子に育てよう』(泰羅雅登/著 くもん出版 2009.7)
脳科学の視点から読み聞かせの効果について検証されています。

『クシュラの奇跡:140冊の絵本との日々』(ドロシー・バトラー/著 のら社 1984.5)
重い障害をもって生まれたクシュラという女の子の成長記録です。彼女の知能の発達に絵本の読み聞かせや読書がどのような影響を及ぼしたかについて詳細に記されています。

『読み聞かせが子どもを救う』(矢嶌文夫/著 埼玉新聞社 2003.10)
「第四章 読み聞かせで子どもが変わる」(p.49-71)では、実際に読み聞かせを取り入れた幼稚園の園児たちに、どのような変化が表れたのかまとめられています。

『読書と豊かな人間性の育成 改訂版(学校図書館図解・演習シリーズ)』(天道佐津子/編著 青弓社 2011.2)
「第3章 読書と脳のはたらき」(p.52-67)において、読書活動の脳への影響について検証するなかで、読み聞かせについても言及されています。

[事例作成日:2016年11月8日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
読書.読書法  (019 8版)
幼児.初等.中等教育  (376 8版)
障害児教育  (378 8版)
参考資料
(Reference materials)
読書教育を学ぶ人のために 山元/隆春‖編 世界思想社 2015.4 (p.42-67)
読み聞かせは心の脳に届く 泰羅/雅登∥著 くもん出版 2009.7
クシュラの奇跡 ドロシー・バトラー∥著 のら社 1984.5
読み聞かせが子どもを救う 矢嶌/文夫∥著 埼玉新聞社 2003.10 (p.49-71)
読書と豊かな人間性の育成 改訂版 天道/佐津子∥編著 青弓社 2011.2 (p.52-67)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000205978解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!