このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000138544
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20120076
事例作成日
(Creation date)
20120911登録日時
(Registration date)
2013年10月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月09日 13時45分
質問
(Question)
ラグズディルが提唱した児童に対するレファレンスサービスの原則が知りたい。
回答
(Answer)
『児童サービス論』(参考資料1)
 p.90に「アメリカの図書館学者,ラグズディルが提唱した「児童に対するレファレンスサービスを実施する上で児童図書館員が守るべき原則」を紹介したい。」として,(1)~(5)まで紹介されている。
 また,注記に「W.Ragsdale: Children's Service in Small Public Library 友野玲子訳 小公共図書館における児童奉仕 現代の図書館(日本図書館協会)Vol.2 no.1 1964/3 p.30-31」とある。
参考資料2は,「小公共図書館における児童奉仕 Children's Services in a Small Public Library By Winifred Ragsdale 友野玲子訳」である。このp.30-31に「児童に対する参考事務」についての記述があり,「児童奉仕のこの分野で,館員がまもるべき原則をここに述べる。」とあり1~5の記述がある。参考資料1の(1)~(5)の表現とは異なっている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
読書.読書法  (019)
参考資料
(Reference materials)
『児童サービス論』中多泰子/共著,樹村房,2004.3 (ID:1005178460 ) (p.90-91)
『現代の図書館』Vol.2 no.1(1964.3)  (ID:) (p.22-38)
キーワード
(Keywords)
図書館
児童サービス
ラグズディル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000138544解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ