このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110511
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M12020817411893
事例作成日
(Creation date)
2012/01/25登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時12分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
読書をすることでコミュニケーション力が身につくことが書かれている資料はあるか。
回答
(Answer)
『読書力』p.152には、「読書をすることでコミュニケーション力が格段にアップする」とあり、読書がコミュニケーション力にどのように影響するかが詳しく説明されている。

『読書へのアニマシオン入門』p.115には、子どもの読む力を引き出すメソッドであるアニマシオンを通して、「一人で考えたことを発表したり、話し合ったりする、コミュニケーションの力」や「論理的に考え、論理的に表現し合う、欧米型のコミュニケーション」を身に付けることができると説明している。

『コミュニケーション力』p.193には、「コミュニケーションの基礎は人間理解力」であり、「人間のさまざまな癖を知り、心理を理解していく訓練が、文学を読むことで集中的になされる」と説明されている。

「AFPBBNews」のページでは、「集中的な読書治療を受けた子どもは、読書力が向上するだけでなく、脳内回路が活性化されコミュニケーション能力も向上するとの研究結果が、9日の医学誌「ニューロン」電子版に発表された」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
読書.読書法  (019 9版)
参考資料
(Reference materials)
斎藤孝著『読書力』 岩波書店,2002,210p .参照はp.152-200
有元秀文著『読書へのアニマシオン入門』 学研,2002,115p.参照は、p.16-17,106-115
斎藤孝著『コミュニケーション力』 岩波書店,2004,205p.参照は、p.193
「AFPBBNews2009年12月11日」ページ.URLは「回答情報源へのリンク」欄にあり
「Neuron」ページ.URLは「回答情報源へのリンク」欄にあり
キーワード
(Keywords)
読書
コミュニケーション力
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2012020817481211893
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000110511解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ