このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141684
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2013-45
事例作成日
(Creation date)
2013年12月02日登録日時
(Registration date)
2013年12月09日 19時55分更新日時
(Last update)
2016年03月03日 15時09分
質問
(Question)
アメリカのYA(Young Adult)サービスの普及率に関する資料を探している。
まとまった調査報告書のようなものであるとよい。

【質問の背景】
アメリカのYAサービスと日本のYAサービスについて調べている。
日本のデータは1993年と2003年のものを収集済み。その調査と比較したい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介する (詳細は回答プロセスを参照)
 Institute of Museum and Library Service(IMLS) Web
   公共図書館の統計、分析、報告書の閲覧ができる
   年次によってYAサービスの統計情報を確認できる


 論文
   論題:Young adult services and technology in public libraries:an analysis of the Public Library Data Service
   著者:Megan Mustafoff, Lauren Teffeau
   掲載誌:Public libraries 47(1),p10-15,2008 Jan/Feb

   論題:The Public Library Data Service 2012 Statistical Report: Characteristics and Trends
   著者:Ian Reid
   掲載誌:Public libraries 51(6),36-46,2012 Nov/Dec


次のことも利用者に案内する
 1.過去の統計は、冊子体の統計資料など図書の中に掲載されている可能性が高い
   『Statistical report : Public Library Data Service』
     希望の年次にYAサービスに関する統計を掲載しているとは限らないが、周辺年次を確認してみるとよい
 2.論文に付与されていた件名を使用してみるなど、キーワードを変えてデータベース、OPACなどや
  閲覧したホームページも再検索すると、関連情報が見つかる可能性がある
回答プロセス
(Answering process)
1. レファレンス資料で基本事項を調べる (分類:010)
  【★1】『最新図書館用語大辞典』p543-544
       「ヤングアダルト」、「ヤングアダルトサービス」
        →アメリカの公共図書館で始まり、展開されたサービス。他に学校図書館でもサービスを展開
         アメリカに「ヤングアダルト図書館協会(YALSA=Young adult library services association)」
         アメリカ図書館協会(ALA=American Library Association)の下部組織


2. 統計資料を探す
   検索ワード:(キーワード)American Library Association (件名)statistic
      (件名)United states△Public libraries△Statistics など
  2-1.【★2】愛知淑徳大学図書館OPACで探す
     『Statistical report : Public Library Data Service』
      (pepared by the Public Library Association, a division of the American Library Association. 
       American Library Association, 1992- 016253/ST2/*)
      基本調査を毎年行うほか、特別調査を行っている
      特別調査のテーマは年次によって異なる
        当館所蔵は1993年~1999年
          1993年版→ YAサービスに関する統計の掲載はなし
          1994年版,1997年版→ 児童サービス(対象年齢:14歳以下)に関する統計
        

3. 1、2で出てきた関係団体から統計情報を探す
  3-1. Young Adult Library Services Association(YALSA)
      『YALSA Home』 http://www.ala.org/yalsa/
      統計情報の掲載なし  

  3-2. Public Library Association(PLA)
      【★3】『PLA Home』
         Publications & Products > PLDS and PLAmetrics
          PLAmetrics= Public Library Data Service(PLDS)のオンラインポータル
                  以下の統計を収録し、分析している(利用には有料契約が必要) 
                   PLDSのデータ(2002~2011)
                   IMLSのデータ(1998-2009)= 公共図書館の統計
            (冊子体『Statistical report』は2011年版で出版を終了)

          2011年、2012年の統計の概説・報告書を掲載。本文閲覧可能
          『Public Libraries』にも同じ報告書が掲載されていると判明

          【Webで閲覧可能】
            論  題:The Public Library Data Service 2012 Statistical Report: Characteristics and Trends
            著  者:Ian Reid
            掲載雑誌:Public libraries 51(6),36-46,2012 Nov/Dec
             →YAサービスの普及率に関する統計あり

            論  題:The Public Library Data Service 2011 Statistical Report: Characteristics and Trends
            著  者:Virgil E. Varvel Jr.
            掲載雑誌:Public libraries 50(5),26-34,2011 Sep/Oct
             →YAサービスの統計なし
             「2007年の調査以来行っていなかったYAサービスの調査を2012年に特別調査で行う」とある
              (p33 Future Directions より)

   3-3. 3-2よりInstitute of Museum and Library Service(IMLS)米国博物館・図書館サービス機構
       【★4】『IMLS Home』
         Research > Public Library Survey
          > Data Files 
              『Data File Documentation』
                毎年行うアメリカ全ての公共図書館の基本調査
                統計の閲覧可(1992年~)最新データは2011年(2013年発表)
          > Publication
              『Public Library in the United States Survey』
                公共図書館について分析し報告したもの。毎年発行
                報告書の閲覧可(1990年~)最新データは2010年(2013.1発表)
                報告年次によって分析内容が異なる
                 →『Fiscal Year 2010』p16-18 「Library program for children, youth and adults」

              YAサービスについてまとめた報告書あり   
              『Service and resources for children and young adults in public libraries』
               (1995.9.13発表)
                       

4. データベース【★5】『LISTA』で2007年分の調査報告など該当しそうな文献情報を探す
  (統計データが上記の雑誌に収録されているという事実より)
    検索ワード:statistic△public library
  young adult service△Public Library Data Service
  young adult service△public libraries など

   【LISTA PDF】
     論題:Young adult services and technology in public libraries:an analysis of the Public Library Data Service
     著者:Megan Mustafoff, Lauren Teffeau
     掲載誌:Public libraries 47(1),p10-15,2008 Jan/Feb

   上記論文など関連論文に付与された件名などを使用して再検索することを利用者に案内する
     件名:Public libraries,Survey(s),Young adult(s) など

Web最終確認日:2013/12/16

以上
事前調査事項
(Preliminary research)
愛知淑徳大学図書館OPAC、国立国際子ども図書館、MAGAZINE Plus、CiNii、カレントアウェアネス・ポータルなどを検索。
[キーワード:アメリカ△YAサービス△普及、アメリカ△ヤングアダルトサービス△普及 など]
NDC
図書館.図書館学  (010 9版)
各種の図書館  (016 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】図書館用語辞典編集委員会 編. 最新図書館用語大辞典. 柏書房, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007343913-00 , ISBN 4760124896 (010/TO722-2/ア)
【★2】『愛知淑徳大学図書館OPAC』 http://cat.lib.aasa.ac.jp/mylimedio/search/search-input.do?mode=comp
【★3】『Public Library Association』 http://www.ala.org/pla/ (アメリカ図書館協会の下部組織、公共図書館部会が公開するホームページ)
【★4】『Institute of Museum and Library Service』 http://www.imls.gov (米国博物館・図書館サービス機構。博物館・図書館サービス法によって制定された連邦行政内の独立行政機関。毎年の公共図書館調査のほか、州立図書館調査を行う。)
【★5】契約DB『LISTA with full text』 (図書館情報学・情報科学分野のデータベース)
キーワード
(Keywords)
Public libraries
Young adult(s)
Young adult service
Statistic(s)
Survey(s)
Young Adult Library Services Association
Public Library Data Service
American Library Association
United States
Institute of Museum and Library Service
ヤングアダルトサービス
児童サービス
ヤングアダルト図書館サービス協会
アメリカ図書館協会
博物館・図書館サービス機構
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 利用案内
内容種別
(Type of subject)
図書館
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000141684解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ