このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000198995
提供館
(Library)
静岡県立韮山高等学校 (5100005)管理番号
(Control number)
2016-9-5-2(I)
事例作成日
(Creation date)
2016年09月05日登録日時
(Registration date)
2016年11月01日 14時14分更新日時
(Last update)
2016年11月14日 09時52分
質問
(Question)
(1)

A公共図書館(県外)が所蔵している図書を閲覧したい。AのHPで、目録を見ると館内利用資料とある。また同HPには、「Aを利用できるのは、住民と近隣市町村住民に限る」と受け取れる記載がある。住民ではない私は利用(入館・閲覧)できないのだろうか。問い合わせると、利用を断られてしまうのではないかと思い、問い合わせは躊躇われる 

(2)

①「回答(1)①」(下記)を受けて、居住地のC公共図書館で、B県立図書館(県外)からの借受を依頼したところ「貴重な資料なので、貸出してくれるか判らない。もし貸出可能な場合は、送料をあなた(質問者)に負担してもらう。送料はおそらく1000円以内」ということだった。Aへ行くより、ずっと安いので頼もうと思う。

②A公共図書館にHPの記載について、問い合わせて欲しい
回答
(Answer)
(1)

①B県立図書館(県外)でも所蔵しているので、居住地の公共図書館を通じてBに貸出を依頼してはどうか

(2)

①Aによると、HPに記載してある人(住民など)以外でも、閲覧とコピーはできるとのこと

②静岡県立図書館を通じて、Bから貸出を受けることもできる。この場合、送料の負担は生じないが静岡県立図書館まで、受け取りに行かなくてはならない
回答プロセス
(Answering process)
(1)質問者が探している図書について調べる

①「cinii Books」・「国立国会図書館蔵書検索」ヒットせず

②「国立国会図書館サーチ」→B県立図書館(県外)で所蔵

③「日本の古本屋」20,000円程度で数店が取り扱い。発行部数「限定1000部」とある

(2)

①電話「A公共図書館(県外)」

②電話「日本図書館協会」

・相互貸借に関する、最近の公共図書館の傾向について教えてくださる。又、「県立図書館に支援を求めてはどうか」とアドバイスを受ける

③「静岡県立中央図書館」HP

・「インターネット予約による市町立図書館等受取サービス」
→居住地の市町立図書館で資料を受け取ることができるサービスだが、対象は静岡県立中央図書館が所蔵する資料

・「他の図書舘の資料を借り受けるとき」
→借受資料は原則として、静岡県立中央図書館の貸出・返却カウンターで取り扱う
事前調査事項
(Preliminary research)
遠方の博物館で、この図書を閲覧した。その中に書き写したい箇所があり、もう一度閲覧したく、インターネットで探すと、A公共図書館(県外)が所有していた。静岡県立中央図書館の「おうだんくん」は調べたが県内図書館では所蔵していなかった

<結論>居住地のC公共図書館を通じてB県立図書館の図書を借りた。900円弱の送料がかかった(片道のみ)。充分に読むことができなかったので、機会を見て、もう一度借りるつもりである。
NDC
図書館奉仕.図書館活動  (015)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
図書館相互貸借
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査 利用案内
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000198995解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!