このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184198
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-068
事例作成日
(Creation date)
2013/12/20登録日時
(Registration date)
2015年11月19日 12時44分更新日時
(Last update)
2016年01月19日 10時03分
質問
(Question)
将来図書館が有料化する可能性について書かれた本が見たい。
回答
(Answer)
香川県立図書館作成の《レファ協DB》「図書館の無料原則に関する資料」( http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000022409  国会図 2015/11/19最終確認)の文献リストを参考に、有料化について記述のある資料を紹介した。
図書
『新図書館法と現代の図書館』(塩見昇編著 日本図書館協会 2009)
 p187-「七章 公立図書館における「無料の原則」」
 p312-「五章 英米における図書館無料原則の由来と動向」
『図書館の電子化と無料原則 多摩デポブックレット 6』(津野海太郎著 共同保存図書館・多摩 2011)
 p6-20「2 図書館の利用と無料原則」
 p21-22「3 有料化の声」

雑誌記事
川崎良孝著「公立図書館の無料制(下) 英米での有料論議から」(『図書館雑誌 84(5)』p265-269 1990)
「公立図書館の無料原則についての見解」(『図書館雑誌 92(9)』p808-810 日本図書館協会 1996)
佐々木順二著「いまこそ生かそう「私たちの図書館宣言」を」(『図書館雑誌 103(12)』p828-829 2009)
中野陽子文責「特集「無料の原則」から公共性を問い直す」(『みんなの図書館 369』p1-31 2007)
山重壮一著「公共図書館はなぜ無料なのか」(『みんなの図書館 368』p17-26 2007)
小泉徹著「有料?無料? 図書館の将来と費用負担」(『現代の図書館 21(4)』p241-251 1983)
R.サボライネン著「無料か有料か:課金問題のディレンマ」(『現代の図書館 29(1)』p32-43 1991)
松尾昇治著「貸出の本質と専門職制を考える 公共図書館は「無料資本屋」か」(『現代の図書館 30(2)』p137-143 1992)
山口源治郎著「図書館法第17条(無料制)の意義と解釈」(『図書館界 51(4)』p231-238 1999)
林望著「図書館は「無料貸本屋」か」(『文藝春秋 78(15)』p294-302 2000)

その他該当の記載のある資料
雑誌記事
本多光明著「小特集 図書館の無料原則を考える-電子情報の利用」(『図書館雑誌 93(2)』p121-128 1999)
「図書館専門委員会『報告』の趣旨と<無料原則>」(糸賀雅児著『図書館雑誌 92(12)』p1097-1099 1998)
森耕一著「公立図書館の無料制(上) 日本の場合」(『図書館雑誌 84(4)』p203-206 1990)
佐々木順二著「特集 無料の原則と「電子化資料」の導入について」(『みんなの図書館 260』p1-26 1998)
前田章夫著「無料原則を考える 図書館法第17条と公立図書館」(『図書館界 52(2)』p63-74 2000)
糸賀雅児著「地域電子図書館構想と〈無料原則〉のゆくえ」(『図書館界 51(4)』p220-224 1999)
伊藤順著「無料原則と公共性 複写料金の適用根拠をめぐる行為論的考察」(『図書館界 38(6)』p339-346 1987)
蒲池正夫著「公共図書館の入館無料の近代的原則について」(『図書館学 13』p22-24・29 1968)
宮本孝正著「図書館での貸出有料化の問題 -フランスの場合-」(『カレントアウェアネス 276』p3-5 2003)
回答プロセス
(Answering process)
《リサーチ・ナビ》( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  国会図 2015/11/19最終確認)を〈図書館 & 無料〉で検索する。
《レファ協DB》「図書館の無料原則に関する資料」( http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000022409  国会図 2015/11/19最終確認)
 文献リストあり。回答記載の図書・雑誌記事等あり。

『図書館雑誌』、『みんなの図書館』、『図書館界』、『現代の図書館』等の図書館関係雑誌記事を確認した。
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2015/11/19最終確認)を〈図書館 & 有料〉で検索する。
 宮本孝正著「図書館での貸出有料化の問題 -フランスの場合-」(『カレントアウェアネス 276』p3-5 2003)
 フランス等欧州の法律事情と有料化の仕組みについて論じている。

その他調査済み資料
『市民の図書館』(日本図書館協会編 日本図書館協会 1976)
伊藤昭治著「誰のための図書館か 「無料貸本屋」論に惑わされないために」(『図書館雑誌 81(7)』p375-378 1987)
竹森絹子著「「公民館無料」の原則を貫くとりくみ」(『月刊社会教育 2008年6月』p33-38 2008)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館政策.図書館行財政  (011 9版)
図書館奉仕.図書館活動  (015 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新図書館法と現代の図書館』(塩見昇編著 日本図書館協会 2009), ISBN 4-8204-0915-8
『図書館の電子化と無料原則 多摩デポブックレット 6』(津野海太郎著 共同保存図書館・多摩 2011), ISBN 4-87751-457-0
キーワード
(Keywords)
図書館
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
図書館
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000184198解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ