このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000178022
提供館
(Library)
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業事務局 (1000000)管理番号
(Control number)
2015-004
事例作成日
(Creation date)
2015年08月04日登録日時
(Registration date)
2015年08月04日 13時55分更新日時
(Last update)
2015年10月28日 11時12分
質問
(Question)
学校図書館は単館でレファレンス協同データベース事業に参加できるか。
回答
(Answer)
平成25年度より学校図書館の参加が可能になっています。

事業の参加資格について定めた「国立国会図書館レファレンス協同データベース事業参加規定」の第1項(4)では学校図書館の参加資格について以下のように定められています。

「学校図書館法(昭和28 年法律第185 号) 第2 条の学校図書館を設ける学校又は学校図書館関係者を会員とする、学校図書館の運営若しくは技術について研究若しくは研修の活動を行っている団体(以下「学校図書館関係団体」という。)」

このことから以下の2種類のどちらでも参加可能であることが分かります。

(1) 学校図書館法(昭和28 年法律第185 号) 第2 条の学校図書館を設ける学校
(2) 学校図書館関係者を会員とする、学校図書館の運営若しくは技術について研究若しくは研修の活動を行っている団体(学校図書館関係団体)

学校図書館の参加状況や参加申請の手続きについては、参考資料にあげた一覧をご参照ください。

※2015/10/28追記
参考資料「レファレンス協同データベース事業 事業に参加するには」のページ中に、参加申請書の記入要領を追加しました。学校図書館の記入例も記載しています。
回答プロセス
(Answering process)
レファレンス協同データベースの「事業に参加するには」を参照した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館奉仕.図書館活動  (015 9版)
参考資料
(Reference materials)
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業参加規定
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/documents/collabo-ref_reg.pdf  (2015年10月28日)
レファレンス協同データベース事業 事業に参加するには
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/entry.html  (2015年10月28日)
キーワード
(Keywords)
学校図書館
レファ協
レファレンス協同データベース
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
レファ協Q&A
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000178022解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
関連ファイル
(Related Files)

レファ協参加申請書(PDF)


レファ協参加申請書(Word)


レファ協参加申請書記入要領

Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!