このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232238
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2017-118
事例作成日
(Creation date)
2017年04月30日登録日時
(Registration date)
2018年03月07日 14時41分更新日時
(Last update)
2018年05月23日 09時15分
質問
(Question)
図書館の自動貸出機について知りたい。本を借りる際にまずカードを読ませ、本を棚の上に置いてそれだけで本の題名などが出てくるが、 どんな仕組みになっているのか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料と情報を紹介した。
1 図書資料
『図書館とICタグ』(清水隆〔ほか〕著 日本図書館協会 2005)
 p5-32「ICタグとは」の章
 p63-80「各館の導入事例」の章
『よくわかるRFID 電子タグのすべて』(日本自動認識システム協会編 オーム社 2014)
 p3 「1.2 RFID技術の概要 1.2.1 RFIDとは」
 「RFIDとは、JISでは「誘導電磁界または電波によって、非接触で半導体メモリのデータを読み出し、書き込みのための近距離通信を行うものの総称」と定義されている。(一社)日本自動認識システム協会では、さらに次のような条件を追加している。
 ・RFタグが、携帯容易な大きさであること。
 ・情報を電子回路に記憶すること。
 ・非接触通信により交信すること。」
『デジタルID革命 ICタグとトレーサビリティーがもたらす大変革』(國領二郎編著 日経デジタルコアトレーサビリティー研究会編著 日本経済新聞社 2004)
 p23-25 「ICタグは、”無線電子タグ”とも呼ばれ、RFID技術を用いて構成されるシステムの主要素である。ICタグは、電波を使い非接触でデータを認識する技術で、(中略)。また機能的特徴は次の通りである。
 ・非接触でデータの読み出し(Read)&書き換え(Write)が可能
 ・電波・電磁波で交信するため、汚れ、ほこりなどの影響を受けにくい
 ・障害物を介して、データの交信が可能(金属などを除く)
 ・アンチコリジョン機能搭載により、複数のタグとの同時アクセスが可能
 ・専用プロトコル&CRCなどの通信チェック機能による高信頼性交信を実現」

2 インターネット情報
《NEC(Japan)》( https://jpn.nec.com/  NEC)「導入事例」( https://jpn.nec.com/case/ )の下記の3館の事例にICタグの利用について掲載あり。
「府中市立中央図書館」( http://www.nec.co.jp/library/jirei/fuchu/index.html
「山梨県立図書館」( https://jpn.nec.com/case/yamanashi-library/index.html
「千代田区立日比谷図書文化館」( http://www.nec.co.jp/library/jirei/hibiya-lib/index.html

《富士通マーケティング》( http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/  富士通マーケティング)「図書館ソリューション」( http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/solutions/industry/social/ )の導入事例下記2館にICタグの利用について掲載あり。
「山梨県韮崎市立図書館」( http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/case-studies/nirasaki-library/index.html
「茨城県桜川市 真壁伝承館真壁図書館」( http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/case-studies/sakuragawa-library/index.html

《日立製作所》( http://www.hitachi.co.jp/  日立製作所)「導入事例」( http://www.hitachi.co.jp/Div/jkk/jichitai/casestudy/index.html )の下記2館の事例にICタグの利用について掲載あり。
「大分市民図書館」( http://www.hitachi.co.jp/Div/jkk/jichitai/casestudy/oitalib/casestudy1.html
「高崎市立中央図書館」( http://www.hitachi.co.jp/Div/jkk/jichitai/casestudy/takasakilib/casestudy1.html
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈RFID or ICタグ〉で検索する。

2 《国会図書館 NDL-OPAC(雑誌記事索引)》( https://ndlopac.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈タイトル:(IC or RFID) & タイトル:図書館〉で検索する。
57件ヒットするが、ICタグの仕組みについては2003-2009年頃の古い記事がほとんどで、最近の記事は見あたらない。

3 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈 (RFID OR ICタグ) & 図書館 〉で検索する。
58件ヒット。
伊藤芳人著「ICタグを使った図書管理」(「薬学図書館 52(4)」p368-373 日本薬学図書館協議会 2007  http://ci.nii.ac.jp/naid/130004177425

4 インターネットで検索する。
図書館システム開発会社(大手3社)の事例があった。
《NEC》(回答情報)
《富士通マーケティング》(回答情報)
《日立製作所》(回答情報)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年4月30日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館経営・管理  (013 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図書館とICタグ』(清水隆〔ほか〕著 日本図書館協会 2005), ISBN 4820405195
『よくわかるRFID 電子タグのすべて』(日本自動認識システム協会編 オーム社 2014), ISBN 9784274504921
『デジタルID革命 ICタグとトレーサビリティーがもたらす大変革』(國領二郎編著 日経デジタルコアトレーサビリティー研究会編著 日本経済新聞社 2004), ISBN 4532311179
キーワード
(Keywords)
ICタグ
自動貸出機
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
電子工学
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000232238解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!