このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154437
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2014-020
事例作成日
(Creation date)
2014年05月14日登録日時
(Registration date)
2014年06月18日 11時15分更新日時
(Last update)
2014年09月19日 13時56分
質問
(Question)
図書館職員について、兼任職員と専任職員の職務上の違いが知りたい。
回答
(Answer)
関連の記述があった以下の資料を提供した。
『図書館職員の資格取得及び研修に関する調査研究報告書』(日本システム開発研究所 2007)
『図書館等における司書有資格者活用状況に関する実態調査報告書』(日本システム開発研究所 2009)
『みんなの図書館 418』(図書館問題研究会編 教育史料出版会 2012.2)
回答プロセス
(Answering process)
『図書館職員の資格取得及び研修に関する調査研究報告書』(日本システム開発研究所 2007)
 p48「あなたが現在の図書館で行っている作業内容は何ですか。また、年間の勤務時間の中でそれぞれの作業比率はどのくらいですか。」という質問について、常勤職員(専任)、常勤職員(兼任)、非常勤職員、臨時職員の回答結果あり。

『図書館等における司書有資格者活用状況に関する実態調査報告書』(日本システム開発研究所 2009)
 p28-29「司書(補)有資格者が配置されている図書館における配置基準等」
 資格の有無と携わる職務の関係についての調査結果あり。有資格者のみが行う業務の有無については、「ない」としている図書館が59.1%との記述あり。

雑誌
『みんなの図書館 418』(図書館問題研究会編 教育史料出版会 2012.2)
 p2-29「誰がどの仕事をしているのか-ー雇用の多様化の中での職務区分」
 専任、兼任という区分なし。司書職の正規職員、事務職の正規職員、専門職の非正規職員、非専門職の非正規職員などの区分で、職務ごとの従事者を調査した表あり。
 調査館は静岡県立図、西宮市立図(兵庫県)、練馬区立図(東京都)、原村図(長野県)、A区立図(東京都)の5館のみ。

その他調査済み資料
『構造的転換期にある図書館 その法制度と政策』(日本図書館研究会編集委員会編 日本図書館研究会 2010)
 「第3章 図書館職員の雇用と労働をめぐる問題」の項はあるが、兼任職員についての記述なし。
『図書館概論 JLA図書館情報学テキストシリーズ3-1』(塩見昇編著 日本図書館協会 2012)
 p145「貸出活動上位の公立図書館における整備状況」専任職員率とそのうちの司書率あり。兼任については記述見当たらず。
『みんなの図書館 429』(図書館問題研究会編 教育史料出版会 2013.1)
 公共図書館については該当の記述なし。学校図書館の専任司書についての記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館管理  (013 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図書館職員の資格取得及び研修に関する調査研究報告書』(日本システム開発研究所 2007)
『図書館等における司書有資格者活用状況に関する実態調査報告書』(日本システム開発研究所 2009)
『みんなの図書館 418』(図書館問題研究会 編 教育史料出版会 2012)
キーワード
(Keywords)
図書館員
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000154437解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ