このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021690
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004003826
事例作成日
(Creation date)
2005/01/23登録日時
(Registration date)
2005年05月19日 02時12分更新日時
(Last update)
2007年02月18日 13時48分
質問
(Question)
東京23区の公共図書館は司書採用制度がなく、一般職と同じ採用だが、なぜ専門職採用されなかったのか。心理職等の他の職種とはどこが違ったのか。その根拠となる文献、資料を探している。
回答
(Answer)
東京23区の公共図書館の司書職員採用については、過去に2回ほど大きく課題として取り上げられたことがある。
1回は1960年代後半、東京都公立図書館長協議会の「都区立図書館の司書職制度確立に関わる要望」をめぐるもの。このときの資料としては、「◎図書」として列記した3冊が参考になる。
もう1回は、1996年特別区での司書の職名廃止をめぐってのもの。この問題については、「◎雑誌記事」検索により参考資料を見つけることができる。
◎図書
資料1:「第3部 司書職制度要求運動の現実」(p.141-219)あり。巻末の参考文献がかなり詳しい。
資料2:資料1の内容を検証。同時代の図書館を生きた者として、別の角度から当時の状況と考えを述べている。
資料3:「第7章 図書館発展への萌芽期」の「2.都立図書館と区市立図書館との関係」(p.204-212)に司書職制度確立の運動をめぐる1960年代の経緯が記載されている。
◎雑誌記事
雑誌記事は、国立国会図書館の蔵書検索・申込システム「NDL-OPAC」
http://opac.ndl.go.jp/ )や、当館所蔵のCD-ROM(資料4、5)などで検索できることを案内した。
例えば、<司書>、<制度>、<図書館>等のキーワードを組み合わせて検索すると、『図書館雑誌』、『みんなの図書館』等を中心に、関連記事がヒットする。
例) 『みんなの図書館』 234号 (1996.10)
特集:「司書職はいらないの!? 東京23区の無責任人事」
※2001以降はWeb版の「BIBLIS for Web」( http://pinakes.soc.toyo.ac.jp/biblis/ )で検索が可能。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館管理  (013 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 図書館運動は何を残したか : 図書館員の専門性 / 薬袋秀樹∥著 / 勁草書房 , 2001.5 /013.1/5005/2001
【資料2】 大沢正雄六十年代の東京の図書館を語る : 薬袋秀樹著『図書館運動は何を残したか』をめぐって / 大沢正雄∥著 / 図書館問題研究会東京支部 , 2003.7 /013.1/5010/2003
【資料3】 東京の図書館百年の歩み / 佐藤政孝∥著 / 泰流社 , 1996.6 /0162/3126/96
【資料4】 図書館雑誌総索引 [ 電子資料 ] : CD-ROM版 / 日本図書館協会∥[編] / 日本図書館協会 , [1996] PR/010.5/5001/1995
【資料5】 図書館情報学文献目録 [ 電子資料 ] : BIBLIS2 1991-2000 / 日本図書館情報学会文献目録委員会∥データベース/検索システム開発 / 日本図書館情報学会 , c2003 PR/010.3/5005/2000
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000021690解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ