このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219528
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-170007
事例作成日
(Creation date)
2017年07月04日登録日時
(Registration date)
2017年07月30日 10時17分更新日時
(Last update)
2017年07月30日 10時20分
質問
(Question)
『禁帯出』という、いわゆる図書館用語がある。語感からすると、漢語めいているが、この語源、あるいは初出用例について言及した論考・書籍(あるいは漢籍用例)など、紹介してほしい。
回答
(Answer)
ご参考になりそうな資料は以下の通りです。一部旧字を新字に改めている箇所があります。ご了承ください。

〇初出について
①「「禁帯出図書」に関する文献抜すい」『みんなの図書館』29号(1979.11)p27~35<Z010.5/42/79 常置>に、1952年刊の『図書館ハンドブック』(当館所蔵あり)に次のような記述があると記載されていました。

②『図書館ハンドブック』日本図書館協会 1952<010.36/4 常置>(10007078)
p466に「2 貸出さない図書」として「禁帯出の文字を表したラベルを付けて区別すること」の記述があります。

「「禁帯出図書」に関する文献抜すい」には上記資料より前に刊行された文献も掲載されていますが、「禁帯出」という語は使われていませんでした。

③『歴史的図書館用品の調査・収集・保存事業抜粋資料』キハラ 2014<012.9/104>(22779425)
p31「年表-キハラ・図書館用品・図書館界」に1951年発行のカタログ「K-S図書館用品案内」に禁帯出ラベルが掲載されたことが記載されています。

なお、次の資料には「禁帯出」は立項されていませんでした。
④『図書・図書館事典』植村長三郎著 文徳社 1951<010.33/1 常置>(10005999)
⑤『実務必携 図書館用語辞典』中村初雄編 同学社 1951<010.34/1>(10006096)

〇語源について
⑥『図書館用語辞典』図書館問題研究会/図書館用語委員会編著 角川書店 1982<010.33/8 常置> (10006062)
p109の「禁帯出(禁帯)」の項に「図書館資料を所定の場所以外、または、館外へ持ち出すのを認めないこと。かつて備品などを身につけて持ち出すこと、つまり本の貸出しを帯出といった往時の名残がこの語に残った」との記述があります。

⑦『図書・図書館事典』植村長三郎著 文徳社 1951<010.33/1 常置>(10005999)
p371の「タイシュツ(帯出)」の項に「帯出法ともいい貸出とも書く。図書館所蔵の図書を館外に貸出す方法で(略)」との記述があります。

⑧『日本国語大辞典 第十二巻』日本大辞典刊行会編 小学館 1974<813.1/16/12 常置> (11832094)
p565「たいしゅつ【帯出】」の項に「備品などを身につけて持ち出すこと。また、つれ出すこと。「禁帯出」*水滸伝-第一四回「去門房裏解了那漢背剪縛著、帯出門外」」との記述があります。

⑨『最新図書館用語大辞典』図書館用語辞典編集員会編 柏書房 2004<010.33/108 常置> (21709795)
p476「備品」の項に「かつては図書も価格にかかわらず、備品に入れられていた。やがて一定価格以上のものだけとなり、さらに全部が消耗品扱いの図書へと変わる方向に進んできた」との記述があります。

⑩『日本国語大辞典 第十七巻』日本大辞典刊行会編 小学館 1975<813.1/16/17 常置> (11832144)
p96「びひん【備品】」の項に「備えつけてある物品。特に、事務上の仕事など、ある物事を行なうために、その場所に備えつけておく品物。*自由学校<獅子文六>地下の人「仕方ないから、ネクタイ、靴下、靴等を、備品で、改装して頂こう」*国家公務員法-一三条・三「家具、備品及び消耗品の購入、俸給及び給料の支払」」との記述があります。

⑪『雄松堂ライブラリー・リサーチ・シリーズ3 日・中・英対訳 図書館用語辞典』吉村善太郎編 雄松堂出版 1997<010.33/105 常置> (20966545)
p48「禁帯出図書」は中国語では「禁止带出的图书」、英語では「restricted book」との記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
①当館所蔵の図書館用語辞典、国語辞典等を確認する。→資料①以外
②Googleブックスにて「禁帯出 資料」で検索→『図書館学会年報』第26巻p.195がヒット、現物確認→「図書館学年次文献目録」p.195に「特集 禁帯出図書について考える」『みんなの図書館』29号について掲載、現物確認→資料①
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館.図書館学  (010 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
図書館学
禁帯出
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000219528解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ