このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000199739
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2016-11-003
事例作成日
(Creation date)
2016/11/3登録日時
(Registration date)
2016年11月16日 17時08分更新日時
(Last update)
2017年08月16日 10時13分
質問
(Question)
日本では多くの図書館が 「日本十進分類表」 を使って本を分類しているそうですが、世界の国々はそれぞれ独自の図書分類表を持っているのですか。
回答
(Answer)
当館で行った 「図書館探検ツアー」 の参加者からの質問。 世界の図書館分類表について書かれた以下の資料を紹介した。

【資料1】 『情報資源組織論 第2版 講座図書館情報学 10』 (ミネルヴァ書房)  
 p96-97  「代表的図書館分類表例」 
代表的な分類表の名称、編著、刊行年、普及、構造、体系、記号法、特徴の記載あり。 「デューイ十進分類法」 は世界的に普及しており、「国際十進分類法」 は欧州の図書館、「日本十進分類表」 は日本国内、 「展開分類法」 はアメリカの一部、 「アメリカ議会図書館分類表」 は英米の大学図書館等、などと記載されている。 
 その他 P90-91 に韓国の標準分類法である 「韓国十進分類法」、p95 に 中国の多くの図書館が利用する 「中国図書館図書分類法」 について記述あり。

【資料】 『図書館ハンドブック 第6版 補訂版』 (日本図書館協会) 
 P326-329 「世界の分類表」 
「デューイ十進分類法(DDC)」 「国際十進分類法(UDC)」 「アメリカ議会図書館分類表(LCC)」 「コロン分類表(CC)」 「その他」 の記載あり。 
「デューイ十進分類法」 は米国をはじめ英語圏を中心に世界的に普及、 「国際十進分類法」 は英語、フランス語、ドイツ語など各国語版が出ている。 「アメリカ議会図書館分類表」 は大規模な学術・研究図書館を中心に米国およびカナダで多く採用されている。 「コロン分類表」 はインドの大学図書館等で使用されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館.図書館学  (010 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】山本順一 監修 , 山本‖順一 , 志保田‖務. 講座・図書館情報学 10 第2版. ミネルヴァ書房, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I070033097-00 , ISBN 4623076512 (p90-91,96-97 当館請求記号 010/コ/10)
【資料2】日本図書館協会図書館ハンドブック編集委員会 編 , 日本図書館協会. 図書館ハンドブック = JLA Librarian's Handbook 第6版補訂2版. 日本図書館協会, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027643307-00 , ISBN 9784820416098 (P326-329 当館請求記号 R010.3/ニ16 ※貸出禁止資料)
キーワード
(Keywords)
図書館
分類表
図書
分類法
十進分類表
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000199739解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!