このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000205842
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-001068
事例作成日
(Creation date)
2016年12月20日登録日時
(Registration date)
2017年01月04日 17時03分更新日時
(Last update)
2017年02月09日 17時01分
質問
(Question)
量子アニーリングについて知りたい。また、Ohya-Volovichアルゴリズムについて論じている書籍があればそれも見たい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

●量子アニーリングについて

(1)『量子コンピューターが本当にすごい』竹内薫/著 丸山篤史/構成 PHP研究所 2015年
第7章 D-Waveの衝撃! 
 p279~284 量子アニーリング方式とは?
 p294~296 量子アニーリング方式は「最小作用の法則」を用いている

(2)『ナチュラルコンピューティング・シリーズ 第6巻 量子計算』
萩谷昌己/編 横森貴/編 近代科学社 2015年
第2章 量子アナログ計算 2.5 量子アニーリング

(3)『量子アニーリングの基礎理論』西森秀稔, 東京工業大学 1997年
文部省科学研究費補助金研究成果報告書。

(4)『量子コンピュータが人工知能を加速する』西森秀稔/著 大関真之/著 日経BP社 2016年
「量子アニーリング」マシンの原理を提唱した本人の著書。

●Ohya-Volvichアルゴリズムについて
(6)『量子暗号と量子テレポーテーション』大矢雅則/著 渡邉昇/著 共立出版 2006年
P83 「…また、Ohya(大矢)とVolovichは量子コンピュータに非線形力学の数理をもち込むことによって、
素因数分解よりも困難な充足可能性問題(satisfiability probrem)を多項式で解くことができるということを示した。…」
等の記述あり。

ウェブサイト
・CiNii 日本の論文をさがす  http://ci.nii.ac.jp/
フリーワード「量子アニーリング」で検索すると、47件ヒットする。
また、フリーワード「ohya」「volovich」「アルゴリズム」で全文検索すると、10件ヒットする。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報科学  (007)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000205842解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ