このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086804
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09021209272703
事例作成日
(Creation date)
2010/07/11登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時05分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 00時30分
質問
(Question)
SQLは,どのような言語なのか。
回答
(Answer)
資料①には「データベース管理システム(DBMS:DataBase Management System)は,ユーザーがデータベースを操作する(問い合わせなど)ための言語を用意しています。これをデータベース言語といいます。SQLはリレーショナルデータベース用の標準的なデータベース言語です。SQLはもともとはStructured Query Language(構造化照会言語)の略ですが,現在では”SQL”という用語として使われています。SQLは標準化(ISO規格)されているので,その標準用法を勉強すると,どのSQL製品を使う場合にも,同じ記述で基本的な操作を行うことができます。ただし製品によって,標準規格から拡張されている部分があり,それについては個別に覚える必要があります。」とある。資料②には,「「SQL」は「Structured Query Language」という意味から成立した名称です。ユーザーがデータベースに「問い合わせ」(Query,クエリ)するための言語(Language)です。」とあり,「IBMによって,リレーショナル・データベースが実装されるにあたり,これを使うための言語としてSQLも開発されました。のち,多くの企業や研究機関,コミュニティなどがリレーショナル・データベースを開発するにあたって,SQLも採用されました。そこで,「SQLを用いてリレーショナル・データベースを操作する」というのが,世界でもっとも普通の「データベース生活」の姿になっているのです。SQLは「ANSI](米国規格協会),「ISO](国際標準化機構)などの標準化団体によって,「SQL92」「SQL99」など,随時標準化されています。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報科学  (007 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 林晴比古著『明快入門SQL』ソフトバンク クリエイティブ株式会社,2007,278p.参照はp.42. 資料② 清水美樹著『はじめてのSQL』工学社,2006,351p.参照はp.11.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009021209265672703
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086804解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!