このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000055819
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2009-009
事例作成日
(Creation date)
2009/02/12登録日時
(Registration date)
2009年06月19日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年06月26日 14時12分
質問
(Question)
精神分析学者、E.H.エリクソンが、スポーツや芸術などの熟達過程において「注意深く組み立てられた練習:Deliberate practice」を「その練習を1万時間以上やることで、誰でも、どんな領域においてもエキスパートになることは可能」と言っている。エリクソンの出典・著作などが知りたい。
回答
(Answer)
著者はErikson,Erik Homburger(エリクソン E.H.)ではなくEricsson K.A.と考えられる。「The Role of Deliberate Practice in the Acquisition of Expert Performance.」が出典の論文と思われる。質問者に連絡すると、これでよいとのことだったので、調査を終了する。
回答プロセス
(Answering process)
質問者に情報源の論文の書誌を確認すると「BERD 1月号」(ベネッセ発行)でWeb上でも閲覧可能とのこと。
これを基に〈北村勝朗〉〈卓越した〉などのキーワードで検索して調べると、引用の北村勝朗氏の論文は「音楽・芸術活動領域における卓越したパフォーマンス獲得過程に関する研究:Ericsson K.A.によるDeliberate Practice理論の検証」(『東北大学教育学部研究年報 第48集p91-110 2000 所収)のことではないかと思われる。Web上ではpdfファイルで公開されている。
http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/13998/1/48-06.pdf  2009/02/12最終確認)

上記論文の参考文献として、エリクソンの論文が3点掲出されており、6番目にあげられている「The Role of Deliberate Practice in the Acquisition of Expert Performance.」が出典の論文ではないかと思われる。
本文は英文のみだが、同じくWeb上でpdfファイルを見られる。下記を紹介する。
http://projects.ict.usc.edu/itw/gel/EricssonDeliberatePracticePR93.pdf  2009/02/12最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:東北大教授・北村勝朗氏が雑誌(ベネッセ発行)で述べている。エリクソンの「ライフサイクル、その完結」には出ていなかった。
NDC
著作.編集  (021 9版)
心理学  (140 9版)
知識.学問.学術  (002 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
Ericsson K.A.
書誌
学術
心理学
著作 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000055819解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ